生乾きタオルの臭いを撃退する3つの魔法

タオルと石鹸

濡れたタオルをそのままにしておくと、とんでもなく臭ってしまったことってありませんか?

湿った衣類やタオルを放っておくと、細菌が増殖して臭いを放ちます。

洗濯機の中も洗濯漕の裏側が汚れていることが多く、洗濯ものはすぐに干してやらないと生臭いにおいはなかなか落ちません。

臭を放つタオルをがっちり洗う3つの方法を紹介します。

スポンサードリンク

臭いは、ばい菌のオナラ

そもそも、なんで湿ったタオルを放置しておくと臭くなるのか?

ほかでもない、タオルの中の菌が臭いをだしているのです。

タオルの中に付着している体の垢や拭き取ったテーブルの汚れなどを食べて生きている細菌が臭いを発しているのです。

さしずめ、細菌たちのオナラとゲップが臭くにおってきているのです。

また、洗濯物を洗濯機に長時間放置しておいても臭いが気になります。

洗濯漕の裏側って結構汚れているのです。
完全に汚れは落ちることはないのです。
そこに雑菌が繁殖して臭いを移します。

とにかく、濡れたものは早く乾かすに越したことはありません。

それでも、やってしまった時のために、次のことを試してください。

 

酸素系洗剤(漂白剤)でもう一度洗う

臭いが気になったら、少し多めの水量でもう一度洗ってみましょう。

普通の生乾きなら、この方法でほとんど臭いはとれます。
一緒にイオン系の洗剤なんかをいれても効果があります。

ただ、洗剤は混ぜていいものと駄目なものがあるので、漂白剤でつけ置き洗いした後でイオン系の洗剤を使う方が安全ですね。

いずれにせよ、酸素系洗剤(漂白剤)で洗いなおすだけで殆ど解決です。

 酸素系洗剤は「かわゆい花子」がオススメです 

【かわゆい花子 1kgボトル入り】

価格:1,495円
(2015/9/7 17:17時点)
感想(13件)

酸素系洗剤(漂白剤)で漂白する

つけ置き洗いなどで臭いが取れない場合は、50℃ぐらいのお湯に酸素系洗剤(漂白剤)を溶かして、そこに、臭う洗濯ものをつけておきます。

洗面器やバケツなどを利用するといいでしょう。

1~2時間たったら漂白剤は捨てて、もう一度洗濯機で洗ってみましょう。

気にいっている柄のタオルやシャツたちは、この方法で臭いを落とします。

このとき、洗剤の容量を間違わないように気を付けましょう。

50℃のお湯に漂白剤をくわえた場合、色落ちの原因にもなるので、大切な衣類は、ぬるめのお湯から試すようにしましょう。

 

スポンサードリンク


煮る

それでも臭いが落ちない場合は、鍋に湯を張って煮込みます。

フキンなどの場合は、たんぱく質が多くこびりついているので、本当は高温につけることはよくありません。

繊維にこびり付いた「たんぱく質」を固めてしまうからです。

しかし、完全な汚れ落としよりも、とにかく嫌なにおいを何とかしたいので、臭いを出している雑菌を高温煮沸してやっつけます。

雑菌はたんぱく質ですから、高温で死滅します。

これでに嫌な臭いはなくなります。

このときに、酸素系洗剤を入れてやると一層効果があります。

しゅわしゅわ~って感じで楽しいですよ。

但し、色物は確実に色落ちします。

フキンやタオル・靴下・脇の黄色くなった下着シャツぐらいでしたら、これで臭いもシミもきれいになります。

 

スポンサードリンク


牛乳パックを再利用

フキンや靴下を鍋で煮るのは抵抗があるでしょうから、牛乳パックを使います。

  1. 飲み終えた牛乳パックの口を全部あけてしまって洗浄します。
  2. 靴下を牛乳パックに入れて
  3. ヤカンで沸かした熱湯を注ぎます。
  4. 酸素系洗剤をいれます。
  5. 冷めるまで(30分~1時間)放置してから取り出します。
    洗剤は捨てます。
  6. そのまま手洗いしてもいいですし、洗濯機に入れてもいいです。

単身赴任や独身のひとり暮らしでしたら、牛乳パック洗濯機で十分かもしれませんね。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

コメントを残す

*