緑茶の出がらし50の活用大作戦!

緑茶は身体にいいですね。

日本人は緑茶が大好きです。

ところで、お茶の出がらし茶殻はどうされていますか?

「おーいお茶」製造工場では、年間49000トンの茶殻がでます。 

これを全部産廃にしていたら利益が吹っ飛んでしまいます。

そうですね、冷凍にして、製紙工場にでも持ち込めば逆にいくらかもらえるのではと思うのは私だけでしょうか?

日常の茶殻にもさまざまな利用方法がありますのでまとめてみました。

スポンサードリンク

お茶の飲み方

  • 炭でカルキ抜き
    ヤカンに炭を入れて沸かした水道水はお茶をおいしくする
  • お茶を入れるお湯の温度は50℃と70℃の間。
    50℃でアミノ酸が溶け出す
    70℃でカテキンが溶け出す

保管方法

  • 茶葉は冷蔵庫保管しない
    冷蔵庫の臭いを集めてしまいます
  • 古い茶葉はほうじ茶に
    フライパンで空炒めするだけ
    焦がさないように丁寧に

健康・身体 

  • うがいで風邪予防
    カテキンが風邪の原因になる細菌から喉を守ります。
  • 虫よけ
    畑に撒くことで、カテキンが害虫を寄せ付けません。
  • 麻痺指の改善
    出がらし茶殻パックを手足の指に挟むだけ
  • 水虫対策
    出がらしから濃く煮出したお茶を冷まして10分ほど足をつける
  • 枕にいれる
    ほのかな香りと適度なクッションの安眠枕
  • 洗顔
    茶殻をいれたぬるま湯で洗顔。肌の余分な皮脂が取れ、引き締め効果・美白効果も

入浴

  • お風呂に入れるとお湯がまろやかに
  • ビタミンが溶け出してさら湯特有の「ピリッ」と感がなくなる
  • 香りがたってアロマ効果
  • 余分な油分を取り除いてくれる
  • 汗疹にも効果的

脱臭

  • 電子レンジで茶葉を乾かすとレンジ臭がなくなる。
  • 緑茶の出がらしを乾燥させて生ごみ脱臭剤
    緑茶の出がらしにはたんぱく質が含まれているため、湿ったまま生ごみとして放置すると、生ごみ臭がでます。
    周りのモノも腐らせます。
    レンジで乾燥させて生ごみ袋に入れれば、消臭効果を発揮。
    一石二鳥。

清掃

  • 茶殻の乾燥は電子レンジで
    自然乾燥はカビに注意
  • 畳の掃除
    湿った茶殻を撒いてほうきではくと小さなちりも吸着し殺菌効果も
  • 風呂桶の清掃
  • 床の清掃
    湿った茶殻をガーゼに挟んで拭き掃除
  • カーペット清掃
    乾いた茶殻を撒いてから掃除機
  • まな板の清掃
    熱いお茶はまな板のたんぱく質を固めてしまうので、冷めた緑茶をフキンに含ませて丁寧に拭き取りましょう。
  • ガーゼに包んでガラス拭き
  • レンジ周りの汚れり
  • さび防止
    鉄瓶や鉄鍋を片付けるときに、湿った茶葉でひと拭き
    タンニンが鉄と結びついて表面に幕を作ってさびにくくします。

食べる

  • 茶殻には不溶性の栄養分が茶葉に残ったまま
    ビタミンA・クロロフィル・食物繊維・たんぱく質
  • 栗の渋皮煮にいれる
    重曹の臭いとりに茶殻がききます
  • ミルでつぶして着色料にする
  • 茶飯ふりかけ
  • 醤油と鰹節であえれば酒のつまみに
  • 焼き飯に入れる
  • お茶の炊き込みご飯お米
    緑茶の葉(一握り)・乾燥昆布10g・塩5g
  • ちくわのお茶(磯部)揚げ
    ちくわ4本・緑茶場大さじ1杯・小麦100g・塩小さじ2杯・砂糖小さじ1杯・水50cc
  • 緑茶ホットケーキ
    ミルで茶葉を粉末にしてホットケーキにいれる
  • 抹茶プリン
    ミルで茶葉を粉末にして牛乳・ゼラチンと混ぜて冷やす
  • 抹茶ラテ
    ミルで茶葉を粉末にして牛乳に混ぜてレンジへ
    味はイマイチ
  • 茶殻トースト
    みじん切り茶殻・バター・すりおろしにんにく・塩コショウをフランスパンに塗る
  • 茶殻油
    レンジで乾かした茶殻を100℃の油に5分入れて濾します。

消臭

  • 冷蔵庫・冷凍庫の消臭(1週間程度)
  • 下駄箱の消臭
  • 戸棚・衣類ケースの消臭
  • 押入れの消臭
  • たばこ臭の消臭
  • 靴の消臭
  • 魚焼きグリルの脱臭
    魚を焼く前にお茶を張っておくと部屋の魚臭を抑えられる
    洗浄後にお茶を入れて再度グリルを加熱する。
  • フライパン・鍋の消臭
    ヒタヒタのぬるま湯に茶殻をいれて10分放置
  • ペットのおしっこ臭の消臭

園芸

  • 肥料
    茶殻に残ったたんぱく質や繊維が養分に!
  • 虫よけ
    茶殻に残ったカテキンが虫を遠ざけます。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

コメントを残す

*