デューク・カハナモク!サーフィン立役者誕生日!googleロゴ!

ハワイのサーフィン

今日はデューク・カハナモクの誕生日です。

これを記念してGoogleロゴも特別イラストに変更されているのです。

デューク・カハナモクとは?

1890年8月24日生まれのオアフ島出身の先住ハワイ人。

幼少期はワイキキ・ビーチで幼少時よりアウトリガー・カヌー(両サイドより雨季が張り出している複数人乗りのカヌー)や水泳にに親しみ、母はカハナモクに「決して水を怖れず、可能な限り遠くにまで行ってごらんなさい」と言い聞かせていたといいます。

そんなハワイのひとりの青年が、世界に名だたるスポーツの立役者として飛躍してゆきます。

スポンサードリンク

オリンピックへ

高校を中退後、仲間たちとワイキキビーチを一日うろつき雑用仕事をするが、そんなカハナモクを一躍有名人としたのがオリンピックの水泳競技でした。

  • 1911年:アマチュア水泳競技会「自由形100ヤードで世界新を4秒以上早い記録を出して注目される。」
    この時の会場はホノルルの海。
  • 1912年:オリンピック予選で、200m自由形世界新を樹立。
  •  同じ年:ストックホルム五輪で100m自由形で金メダル。
          リレーで銀メダル。
  • 1920年:アントワープ五輪で100m自由形で金メダル。
          リレーで金メダル。
  • 1920年:アントワープ五輪では銀メダル。

サーフィンの父

デュークは、伝統的なサーフィンを好み、長さ4.8mものロングボードを愛用していた。
このボードは「パパ・ヌイ papa nui(大きな板)」と呼ばれ、アワイアン・コアで作られ重さは52㎏もあった。

デュークの「ウォーターマン」としての功績は、彼の生きざまに感銘されたアメリカ人にサーフィンを流行させ、サーフィンがプロ・スポーツとなるきっかけを与えました。

ビッグウェーヴ・サーフィンの流行時に「デューク・カハナモク・インヴィテーショナル・サーフィン・チャンピオンシップス(通称「The DUKE」)」のアイコンとなり、ここで優勝したエディー・アウカイ(エドワード・ライアン・アウカイ:1946生「ライフガード:遭難船に乗り合わせ救助要請のためにサーフボードに乗り荒海に漕ぎ出でて消息を絶った、後にハワイの英雄」)も、デュークを崇拝していた。

彼らの意志は引き継がれ、1986年より、エディーの功績を称えたビッグウェーヴ・サーフィンの大会「クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ(通称「The EDDIE」)」が不定期で開催されている。

日本からも、久我孝男氏・脇田貴之氏が招待されました。

カハナモクの生涯を描いた映画『ザ・ライド』も2003年に公開されています。

海のレジャーとして愛好家も多いサーフィンですが、命を懸けた男たちのドラマがルーツになっているとことは、あまり知られていません。

サーフィンで大きな波がきて躊躇する仲間に「エディーなら行くぜ!」って声をかけて海に入っていくんですって。

なんか、いいですね。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

コメントを残す

*