加護亜依!離婚後初テレビ出演(28日)!不倫疑惑の真相?

加賀亜衣

もとモーニング娘の加護亜衣さんが、離婚後初のテレビ出演となります。

フジテレビ系「ダウンタウンなうSP」のなかで、ダウンタウンと坂上忍が東京・三軒茶屋で“お悩みハシゴ酒”を企画。

そこに現れるのが加護亜衣さん。

これまでの騒動を赤裸々に語ってくれるようです、あらためておさらいしてみようと思います。

画像出典:hientertainment.net

スポンサードリンク

プロフィール

出生名:加護亜依(かごあい)
出生日:1988年2月7日
血液型:AB型
身長:155cm
出身:奈良県大和高田市
愛称は、「あいぼん」や「加護ちゃん」など
2000年3月 – テレビ番組『ASAYAN』内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて合格。
同年7月- ミニモニ結成(『ミニモニ。ジャンケンぴょん!』がオリコンNo.1に!)
2004年8月 – モーニング娘を卒業。

生い立ち

  • 加護が1歳の時に両親が離婚、母親に引き取られます。
  • 加護が小学5年生の時に母親が再婚して弟と妹ができます。
  • 新しい父親が仕事で失敗し多額な借金を背負うことに。
  • その頃、加護はモーニング娘に入り、
    デビュー2年目にして4000万円~5000万円稼いでいました。
  • そんだけ稼いでもお金が足らなかったようです。

未成年喫煙

2006年2月- レストランで喫煙していた」と、証拠写真付きで報道され謹慎処分となる。

様々な噂や予測が飛び交う中、目撃者の証言から事件が発覚する以前の13〜14歳当初から喫煙していたという。

爆笑問題が仕切っていた番組で突然の太田光による「加護ちゃんはタバコ吸うんだっけ?」という発言に驚いた表情を浮かべテンパってしまっている本人の顔も見事にオンエアされてしまう。

2007年2月 – 復帰の意向

2007年3月 – 週刊誌に再度喫煙していた疑惑が掲載、契約解除。

加賀亜衣(喫煙)

加護亜衣(喫煙)出典:www.officiallyjd.com

 

不倫

2009年1月に不倫報道をされた俳優の水元秀二郎の元妻から熊本家庭裁判所を通じて慰謝料の調停を申し立てられたことが明らかに。

加護亜依さんが残したという映画の台本裏メモ(「男の子がほしいので、ぜひそのようなSexをして下さい」)や、水元秀二郎さんの自宅マンションから見つかった下着などが証拠として、水元さんの元妻から提出されました。

しかし、メモって、後から誰でも書けるでしょうし、下着にしても、他に付き合っている女性がいたなら誰のかわからないですよね。DNA鑑定とかしたのかな?

このとき、不倫報道に関して加護はブログで全面否定しています。
水元の関係が報道された時には「本命のカレに悪い」と発言しています。

ところが、加賀さんは調停や本裁判にまったく出廷せず、2010年10月19日に加護さんに200万円の慰謝料の支払いが命じられます。

もっとも、水元さんのことを相談相手としては認めているようで、ふたりが合うきっかけになったのは、2人が映画「弁天通りの人々」の夫婦役で共演したことで、08年11月から加護さんが仕事のことで相談するようになったようです。

「沈黙は金」だったのでしょうか?
確かに、何を言われても反論しにくい状況ですし。

 

結婚そして離婚

2011年12月 – 21歳年上の安藤陽彦と結婚、妊娠していることもブログにて発表。

12月21日、加護亜依オフィシャルブログにて
「二重の喜びに私自身、心から幸せを感じ、又、責任も感じております」「二人で寄り添いながら、協力し合いながら、普通の穏やかで温かい家庭を築いていけたら」「今までたくさん、ご心配をおかけしましたが加護亜依は加護亜依らしく、
23歳の女性、妻、母としてしばらくの間、この幸せを噛みしめて大切に守っていきたいと思っております」

ところが、これより前の9月に安藤氏が逮捕され、加賀さんは参考人聴取されていました。
その数日後に、自宅で服薬と手首を切っての自殺未遂事件を起こします。
いろいろと心境の変化もあったのでしょう。
娘さんは翌年の6月下旬に生まれていますので、この時すでに、お腹の中にいたってことですよね?
薬の影響は大丈夫だったのでしょうか?

2014年10月 – またも旦那が逮捕される
2015年3月 – 協議離婚開始。
     5月 – 旦那からのDVで被害申告。
     6月 – 加護がDV告訴を取下る代わりに旦那が離婚承諾。
     8月 – 離婚成立(4日)
         – 離婚後初のテレビ出演(28日)

加賀亜衣2015

加賀亜衣2015.8.28(ダウンタウンなうSP)

 

なにかと、裏切られたと思っている業界関係者も多いと思いますが、これをきっかけに再チャレンジできるといいですね。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

コメントを残す

*