明治大学!青柳幸一!司法試験問題漏洩!女学生の見返りは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
田畑麻衣

明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)が、今年の司法試験で教え子だった受験生の20代女性に問題を漏えいした疑いで刑事告発されました。

教授は複数回にわたり、憲法に関する論文に記載すべきポイントを具体的に示して女性を指導していた疑いがあるようです。

教授と教え子の間に何があったのでしょうか?

目 次

・どういう事件なの?
・何故わかったのか?
・女子学生との噂
・事件の流れ
・明治大学だけではない
本名と顔写真が公表?

スポンサードリンク

どういう事件なの?

今年の司法試験の内容が漏えいした問題で、法務省は8日、試験問題作成などを担当する「考査委員」を務めていた明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)が、試験前に教え子の受験生に問題の内容を漏らしていたと発表しました。

漏えい先はこの女性1人で、法務省は女性を採点の対象から除外するとともに、今後5年間、司法試験などを受験することを禁止する行政処分を行いました。

といっても、5年後に受けようと思わないでしょうね。

上川陽子法相は同日、記者会見で「誠に遺憾。深刻に受け止め、徹底した原因究明と厳正な対応を検討するよう指示した」と話しました。

法務省はワーキングチームを設置し、再発防止策などを検討することとしています。 

青柳幸一

青柳幸一

何故わかったのか?

法務省は、女性の解答は「情報漏えいがなければ作るのが困難な内容だった」と判断。

東京地検特捜部は問題を作成する考査委員だった教授の指導が解答にどう反映されたかなど、漏えいの詳しい経緯を調べています。

法務省によると、憲法分野で問題作成をする考査委員は13人で、青柳教授は取りまとめをする「主査」の立場でした。

論文式問題は100点満点で、過去に自治体が推進する事業に反対したことを理由に、その自治体の職員に採用されなかったことに関し、憲法上の問題を論じるものでした。

実は、類似の事案は過去にも発生していて、2007年、慶応大法科大学院教授が試験前に答案練習会を開いて実際の問題に類似した論点を説明していとことがありました。

問題を受けて司法試験委員会は順守事項を作成しています。

考査委員が受験を控えた修了予定者や修了者に指導しないよう求めています。

まあ、求めたところで、偉いと思いこんでいる先生方には、「自分は大丈夫」と思い込みのほうがつよいでしょうから、罰則規定を設けないとダメなのではないでしょうか。

明治大学

明治大学

女子学生との噂

青柳教授の授業を受けた明治大法科大学院の男子大学院生は「法律の基本や歴史的背景などが分かりやすく、授業の評判は良い。ただ、女子学生を高級な食事に誘うと評判で、実際に行った知り合いもいる。法曹への信頼に関わるので、教える人と試験問題を作る人は分けた方が良い」

明治大学法科大学院で青柳教授の講義を受けていた学生は「女性のひいきで有名。『やっぱり』という感じ」
「特定の女性だけを食事に連れて行くこともたびたびあった。『学内の試験で最高評価を得るには女になるしかない』と半ば本気で言われていた。
過去にも漏洩があったのではないかと疑ってしまう」と語る。別の明大の男性(22)は「授業で『平等』をテーマに教えているのに」

 

学生の間では学者や考査委員としてのプライドの高さを貴族に例え、名前の「青」の字から「ブルー卿(きょう)」とも呼ばれていたという。

立教大の法科大学院に通っていた埼玉県の女性は「青柳教授が、学生に問題の傾向をほのめかしているといううわさを明治大の友人から聞いた」と明かす。

女子学生しか食事に誘われないのは、下心みえみえですね。

青柳幸一氏が情報を漏えいした女子学生は青柳幸一氏の好みの女性だったと噂になっています。
それが本当だとすれば、試験問題を教えてあげる代わりに交際を求めていた可能性も高そうです。

しかし、他の問題も高得点ならともかく、一問だけ高得点であればおかしいと疑いをかけられると考えなかったのでしょうか?

司法試験問題を作成する考査委員を取りまとめる「主査」の立場になって、世の中は自分を中心に動かせると思ったのではないでしょうか。とんでもない勘違いですね。

いままで、先生々々って呼ばれて、相手にするのはパソコンと書籍と学生が中心ですから、世の中をなめてしまったのかもしれませんね。

 

事件の流れ

  1. 青柳幸一氏が明治大学法学部卒業の女子学生に試験問題を漏洩。
  2. その女子学生は2~3名の親友に拡散し、その後、更にLINE等を通じて何人かに拡散される。
  3. お盆明けに女子学生がUSBをPC室に置き忘れる。
  4. たまたま通りかかった学生がこれを占有離脱物横領。
  5. 中身にワードファイルが有り、作成氏名は青柳幸一氏。作成年月日・更新日は2015年4月となっていた。
  6. 司法試験問題を参照するとほとんど一致していたのみならず、解説も付されていた。
  7. おかしいと判断した占有離脱物横領犯人が出身学部の日本大学法学部教授に相談。
  8. 某東京高検派遣検事に相談。
  9. 当該検事が動き、法務省が調査を開始。
  10. 対象者の論文試験結果を参照。
  11. 統計上著しくおかしなデータ。
  12. さらに、択一に落ちた者の論文も調査。
  13. 明治大学法科大学院の教授が作成に関わった憲法の試験で教え子の受験生の正答率が極めて高かった。

 

明治大学だけではない

暫く前に、知り合いの女子が(京都の某)大学を中退しました。

やめる理由を聞いて驚愕しました。

「教授が食事に誘ってくるけれど、断ったら単位をくれなくなった。好みでない人は普通に単位が取れるけれど、気に入られて応じなければ単位がもらえない。そんな状況で大学に通っても、絶対留年させられるし、もういいかって思って中退すことにしました。友達の中には教授について行った子もいました。単位?取れてました。へんでしょ!」

まるでドラマの中のような話ですが、事実であれば職権の乱用が甚だしいですね。

明大の場合は、見返りはなんだったのでしょうね?

 

本名と顔写真が公表?

まだ、未確認の情報ですが、

問題の法学院生は「田畑麻衣」さんとのニュースがネット上に出ています。

写真は

田畑麻衣

田畑麻衣さん?「個人の写真ですので、モザイク加工しています。」

(出典)
「毎日新聞」http://mainichi.jp/
「産経ニュース」http://www.sankei.com/
「謝罪会見どっとこむ」http://extradmt.net/
「田畑麻衣」http://bakusai.com/thr_res_show/acode=4//ctgid=137/bid=1098/tid=4227242/rid=279113318/1

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*