堺市の個人情報!68万人超流出!マイナンバー影響か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

堺市が個人情報持ち出し・流出事件に揺れています。

情報を持ち出したのは、会計室の課長補佐級の職員(59歳)です。

マイナンバーの導入を目前に控え、市民全員ともいえる個人情報を簡単に持ち出せることが明らかになりました。

いったい、どのようにして持ち出したのでしょうか?

目 次

・事件の時系列
 (6月24日~9月13日)
・行政の情報管理能力の限界
・マイナンバーは実施できるのか?

スポンサードリンク

事件の時系列

6月24日

『選挙管理事務に関連する内部文書とみられる情報がインターネット上に掲載されている』という匿名の通報が堺市に寄せられました。

  • 当時の調査では、この職員が自ら開発した「選挙管理支援システム(SJシステム)」を他の自治体や民間企業に売り込もうとしていた疑いが浮上しました。

8月22日

『堺市から個人情報の流出があったようだ』という指摘が、ネット上のブログで告発されます。

  • 堺市は、個人情報の流出の調査を始めます。
  • 結果、選挙管理支援システムの関連データは動作確認用の架空の個人情報で、有権者情報の流出はなかたものの、外郭団体職員の個人情報流出が判明しました。

9月7日

8月22日からの調査で判明した内容を公表しました。

sakai0907

堺市-個人情報流出(職員不祥事)

  • 職員はシステム開発のスキルを持ち、市の外郭団体から依頼を受けて短時間勤務職員の出退勤システムを作成していました。
  • この外郭団体から情報提供を受け預かっていた約1000人分の個人情報を、職員が個人で契約しているレンタルサーバーに保存していたのですが、情報がWEB上に公開できる状態になっており4月から6月までの間、外部に流出しました。
名簿

非常勤職員名簿

  • 流出データには((公財)堺市教育スポーツ振興事業団)短時間勤務職員約1000人分の氏名、性別、生年月日、住所、電話番号と、給与実績データなどが含まれます。

 

  • 当該職員が業務上保有していた別の外郭団体((公財)堺市産業振興センター)のアルバイト応募者11人分の個人情報も流出しました。
アルバイト名簿

アルバイト名簿

9月12日

Webサイト「探偵Watch」に、「続報・堺市の個人情報流出」という記事が掲載され、有権者情報の流出を強く示唆する内容が含まれてたため、週末のうちに本人を呼び出してヒアリングしたようです。

9月13日

ヒアリングの結果を含め、この日までに、判明した内容を公表しています。

  • 投開票所の施設管理者・鍵保管者(北区分)の個人情報8人分
    (氏名、住所、電話番号)
    (投開票所23箇所のうち、民間のもの6箇所の施設管理者・鍵保管者)
  • 郵便等による不在者投票の対象者(北区分)の個人情報125人分(推計)
    (身体障害者手帳・戦傷病者手帳をお持ちの方で障害の等級が一定以上の方、介護保険の要介護状態区分が「要介護5」の方)
    (氏名、性別、生年月日、住所/郵便投票資格者証の区分(障害、介護等の別)/身体障害者手帳・戦傷病者手帳の番号、等級、障害名、送付先住所/代理記載人の氏名、生年月日、電話番号) 
    当該職員が、北区選挙管理委員会事務局(北区企画総務課)在籍時に、業務上所有していた、指定病院等における不在者投票対象者(北区分)の個人情報であると考えられます。

meibo

 

  • 指定病院等における不在者投票対象者(北区分)の個人情報(氏名) 最大393人分
名簿

不在者投票対象者

  • 市外郭団体((公財)堺市産業振興センター)が実施した伝統産業子ども就業体験事業参加者の個人情報35人分
    (氏名、住所、電話番号、学校名、学年) 
    当該職員が市外郭団体((公財)堺市産業振興センター)在籍時に業務上所有していた、平成24年11月から平成25年2月にかけ実施した「伝統産業子ども就業体験事業」の参加者の一覧であると考えられます。
名簿

就業体験事業参加者

  • この職員が北区選挙管理委員会事務局(北区企画総務課)に在籍していた平成18年度から平成23年度の間に、約68万2500件の有権者情報などのデータを含む選挙システムを、複数回、市から持ち出し、自宅のパソコンに保存していたことが判明しました。

 

行政の情報管理能力の限界

堺市の全有権者の個人情報を、一人の職員が持ち出すことができる仕組みは、あまりにもセキュリティーが甘いとしか言いようがありません。

堺市は、社会からの批評を覚悟で公表したことは評価できますが、真相のキッカケは、探偵会社のすっぱ抜きであったことは否めません。

この探偵社の記事がなければ、真相は闇のなかであったとも推察されます。

 

マイナンバーは実施できるのか?

マイナンバー制度が間もなく導入される時期を目前に、このような情報の管理体制で大丈夫なのでしょうか?

行政がどのような処分を下すのか、見守りたいと思います。

(出典・参照)
http://tanteiwatch.com/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NCD/
http://www.city.sakai.lg.jp/index.html

 

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*