ハチミツ!人気急上昇!火付け役マヌカハニーの9つの効能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハチミツ

いま、ハチミツの需要が急上昇しています。

身体にいいといわれるハチミツですが、マヌカハニーは特に効能が多く、世界でも人気沸騰中です。

ニュージーランドのマヌカハニーの謎に迫ります。

目 次
・マヌカハニーとは
・先住民マオリ族の知恵
・マヌカの花(wiki)
・ピロリ菌除去に有効
・虫歯、口内炎、歯周病への影響
・口内炎とマヌカハニー
・喉の痛み、鼻のつまり、風邪の予防
・整腸作用
・ガンへの影響
・コレステロール値への影響
・糖尿病への影響
・切り傷、火傷への影響
・抗炎症作用について
スポンサードリンク

マヌカハニーとは

マヌカハニーとは、ニュージーランド原産の特別な健康パワーを秘めた蜂蜜です。

マヌカの木の花から集められた花蜜から作られるはちみつをマヌカハニー又はマヌカハチミツと呼びます。

マヌカハニーの効用が科学的に証明され、ニュージーランドの特定の土地からとれるマヌカハニーには、特別な成分が含まれていることがわかりました。

マヌカ固有の健康パワーを紹介します。

 

先住民マオリ族の知恵

近年、その成分に注目があつまり研究が進んだマヌカハニーですが、古くからマヌカは人々の生活に生かされてきました。

ニュージーランドの先住民マオリ族は、マヌカを癒しの木、復活の木として親しんできたといいます。

その昔、ヨーロッパからの航海者キャプテンクックが、高熱を出していた仲間の乗組員にマオリ族からもらったマヌカの葉を煎じて飲ませたというエピソードも伝わっています。

ニュージーランドでは、やがてヨーロッパからの移住が始まって養蜂も伝わり、ハチミツが作られるようになります。

ニュージーランド国立ワイカト大学、ピーター・モーラン博士の研究で、マヌカハニーの効用が科学的に証明され、ニュージーランドの特定の土地からとれるマヌカハニーには、特別な成分が含まれていることがわかりました。

その後研究が進み、ドイツのドレスデン工科大学の研究チームは「食物メチルグリオキサール(MGO)」という成分がマヌカハニー特有の成分であることを証明します。

 

マヌカの花(wiki)

マヌカ

マヌカ

  • 桃色の花が美しいため栽培される。ニュージーランドとオーストラリア南東部原産。
  • ギョリュウバイの名は、ギョリュウに似て葉が小さく、花がウメに似ることから。ギョリュウ科のギョリュウ(檉柳)ともバラ科のウメとも関係がない。
  • 針葉樹のネズに似るのでネズモドキの別名もある。
  • またマオリ語でマヌカ(Manuka)ともいう。
  • 葉がお茶や煎じ薬として利用されてきたことからティーツリー(英語では”Tea tree”)ともいうが、アロマテラピーで利用されている同名のハーブ(学名Melaleuca alternifolia)とは同じフトモモ科であるものの、別種である。

 

ピロリ菌除去に有効

マヌカハニーは一般的なハチミツよりも殺菌作用が高く、少量のマヌカハニーを継続的に摂取し続けることによって、ピロリ菌対策をすることが可能です。

マヌカハニーは、ピロリ菌だけではなく、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの殺菌にも効果があるとされているため、胃腸の調子を気軽に整えられる食品として有名となっています。

胃腸に重度の症状がある場合は病院での治療が必要ですが、予防といった観点からは、毎日のマヌカハニーの摂取が効果的です。

 

虫歯、口内炎、歯周病への影響

マヌカハニーの糖分は果糖とブドウ糖がほとんどを占めます。

これらの糖は砂糖と比べて虫歯になりにくい糖分です。

砂糖は虫歯になりやすいとされ、砂糖を口にしたあとは、きちんとオーラルケアをしなければなりません。

ところが、マヌカハニーには虫歯になりやすい成分が砂糖のように含まれていないため、虫歯になりにくい性質をもっています。

ヌカハニーには高い殺菌作用があるので、虫歯、歯周病の原因となるミュータンス菌を殺菌する効果もあります。

ゆっくりと口の中で溶かしながら食べる事で口臭の原因となる雑菌にも効果がでます

 

口内炎とマヌカハニー

マヌカハニーが口内炎に効果的である理由は主にふたつあり、一つ目が殺菌、二つ目が抗炎症作用です。

口内炎の出来ているところに重点的にマヌカハニーを滞留させることで回復が早まりやすくなります。

一日に数回繰り返すことでさらに効果が出やすくなります。

 

喉の痛み、鼻のつまり、風邪の予防

昔から、民間療法として、風邪をひいたらはちみつを摂取するとよいといわれています。

大根をはちみつに漬けて、出てきた汁を飲むという方法が有名です。

特に喉の痛みに絶大な効果があります。

マヌカハニーは大変栄養価が高い食品ですので、風邪の時には積極的に取り入れましょう。

マヌカハニーの殺菌力で喉の雑菌を除菌し、はちみつ特有の保湿力で傷んだ気管をケアしてくれます。

普段、風邪の際に摂取している普通のはちみつをマヌカハニーに変えるだけで、さらに良い効果が得られるでしょう。

マヌカハニーは熱に弱いので、なるべく温めずそのまま食べる事をオススメします。

WHO(世界保健機関)の研究でははちみつには子ども(1歳以上)の咳を抑え、睡眠の質を向上させると報告されています。

マヌカハニーは風邪の予防、緩和には高い効果が期待できます。

 

整腸作用

はちみつには、胃腸の不調を改善させる作用があります。

中でもマヌカハニーは特に殺菌力が高いので、胃の中や腸内に存在する細菌を殺菌する効果があるとされているので、積極的に摂取することで腸内環境をよくすることができます。

潰瘍や炎症の原因は細菌ですし、便秘や下痢などの腸の不調の原因は、腸内の悪玉菌です。

マヌカハニーは、細菌や悪玉菌にも作用するので、整腸作用が特に高いとされています。

しつこい便秘に悩んでいる人は、毎日積極的にマヌカハニーを摂取するようにしてみましょう。

腸内の環境をよくするためには、日頃の生活環境を整えることが大切です。

ストレスや睡眠不足には気をつけて、マヌカハニーを取り入れることで、さらに効果的に腸内を整えることができます。

 

ガンへの影響

マヌカハニーはガンにも効果があるとされています。

マヌカハニーには殺菌作用があるため、たとえばピロリ菌を原因とした胃がんなどには効果があるといえます。

ただし、医学的に十分な証明がされているとはいえません。

マヌカハニーを継続的に摂取したからといって、体内のガンが消えるという効果があるとは実証されていないのが現状です。

ただし、炎症を抑える効果があるのは確かですので、胃や腸などの消化器官の炎症から進行するガンには一定の効果が見込めるかもしれません。

また、ガンの治療の際に発症する炎症を抑えることもできるといえます。

まだまだ研究段階ではありますが、マヌカハニーは底知れぬ力を持った食品ですので、今後ガンへの効果も明らかになってくるかもしれません。

 

コレステロール値への影響

はちみつには、コレステロール値を下げる効果があるとされています。

マヌカハニーも同じはちみつの種類ですので、同じようにコレステロール値を下げる効果があります。

コレステロール値が高くなる理由として、生活習慣病が原因となることもあります。

活習慣病は食べすぎや糖分のとりすぎが原因ともなりますので、砂糖を多く含んだ食品ばかりとっている人が、砂糖をマヌカハニーにかえることで、一定の効果が見られる可能性があります。

マヌカハニーを摂取したからといって、直接的にコレステロール値が劇的に下るかどうかは医学的に証明されていませんが、砂糖の代替品として取り入れたり、毎日少しずつ摂取するように心がけるだけで、少しずつ改善が見込めるかもしれません。

 

糖尿病への影響

マヌカハニーは糖尿病を防ぐことができると証明されているわけではありません。

過剰に摂取しすぎると、糖尿病の原因になってしまう場合もあります。

ただし、この過剰摂取というのは、毎日一瓶食べるなど、大量に摂取した場合のことです。

一日にスプーンに数杯分であれば、糖尿病の原因になることはありません。

マヌカハニーを糖尿病になってしまった際の治療の一環として取り入れることは可能です。

糖尿病患者の方は、インスリンの分泌量を調整する治療を受けます。

その治療の際に、低血糖になってしまう場合があります。

低血糖になった際に、マヌカハニーを摂取するのは可能です。

ただし、自己流で取り入れるのではなく、医師と相談した上で量を調節し、マヌカハニーを摂取するようにしましょう。

 

切り傷、火傷への影響

肌に傷が出来てしまった場合に、マヌカハニーは効果があります。

傷は、乾かさずに湿った状態のままにしておいた方が治りが早いというのが最近の治療の主流となっています。

傷ができてしまった部分にマヌカハニーを塗って、乾燥しないようにバンドエイドやテープなどで覆っておくことで、傷の治りが早くなることを期待できます。

マヌカハニーは粘度があるので、傷口から流れずに留まってくれるのも良いところでしょう。

マヌカハニーには殺菌効果があるので、傷口の細菌の増殖を防ぐことができます。

傷口に細菌が残ったままになっていると、傷が化膿したり悪化することがありますが、マヌカハニーを塗ることで治りが早くなります。

マヌカハニーは火傷にも効果があるとされていますので、火傷した場合も患部に塗ると良いでしょう。

 

抗炎症作用について

はちみつには抗炎作用があります。

マヌカハニーは、はちみつよりもさらに高い抗炎作用があるといえます。

風邪を引いて喉に炎症があるとき、胃炎などになったとき、肌に傷ができたときなど、マヌカハニーを摂取したり患部に塗ることで、それ以上の炎症を防ぎ、改善することができます。

体に問題が起こったとき、患部は熱を持ち炎症を起こすことがあります。

そういった不調に、マヌカハニーは効果があります。

どこか調子が悪いなと思ったら、積極的にマヌカハニーを取り入れることで、悪化させることなく早く治癒することができるでしょう。

健康なときでも、日頃からマヌカハニーを摂取しておくことで、炎症の予防にもなります。

日々の健康には欠かせない食材といえるでしょう。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*