小6少女特許取得!夏休み自由研究!缶の自動分別ごみ箱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
明日香さん

 愛知県安城市の丈山小学校6年、神谷(かみや)明日香さん(12)が、磁石の力を利用してスチール缶とアルミ缶を自動的に分別するごみ箱を開発し、特許を取得しました。

公益社団法人発明協会(東京)によると、小学生の特許取得は非常に珍しく、神谷自身も「特許が取れるなんてびっくりした」と喜んでいます。

スポンサードリンク

安価な仕組みで特許取得

ごみ箱はプラスチック板などを組み合わせた直方体で高さ約90センチ程の大きさです。

内部に仕切りがあり、スチール缶入れとアルミ缶入れに分かれています。

投入口はアルミ缶入れの真上に設けています。

アルミ缶はそのまま真下に落ちますが、スチール缶は磁石の力で反対側に落ちる仕組みです。

全てホームセンターで手に入る安価なもので完成さえています。

分別2

自動分別(断面)

 

キッカケ!

神谷さんがごみ箱を作ったきっかけは、昨年の夏休みの課題として出された自由研究でした。

祖父がスーパーを営んでおり、自動販売機のごみ箱のスチール缶とアルミ缶を仕分けするのを見て着想を得ました。

父の豊明さん(40)と協力して作製に取り掛かり、約3週間かけて完成させました。

明日香さん

神谷(かみや)明日香さん(12)

試行錯誤

磁石は投入口の下にぶら下げた小さなプラスチック板に張り付けたが、当初はスチール缶が磁石にくっつき、うまく仕分けられなかったようです。

試行錯誤を重ね板の大きさや形を調整して完成しました。

紅茶セット

特許一家

実は明日香さんのお父さんも特許を取得している特許一家です。

父、豊明さんは、自分の好みに合うワインを見つけるスマートフォンのアプリを開発し、特許を取りました。

明日香さんも父、豊明さんに勧められて、昨年12月に出願、今年8月に認められました。

明日香さんは「おじいちゃんに使ってもらいたい」と話しています。

 

既に同用品が!

缶などを自動分別する商品は既に出ていますが、分別の方法や分別の種類が違うようです。

リサイクルBOX

リサイクルBOX

製品の特長

  • 電力不要
  • いつでも、どこでも、だれでも使えるクリーン設計
  • 1ヵ所の投入口より投入
  • アルミカン・スチールカン・ビンを分別収納
  • 幅550×奥行680×高さ1100mm
  • 重量 28kg
  • 電源 必要ありません
  • 回収個数:約300個
  • 回収対象缶 500ml・直径65mmまでのビン・カン
  • 缶収納方式 アルミカン・スチールカン・ビン各分別収納

株式会社 五十嵐コンピュータープレス
http://www.ikacom.co.jp/

 

特許出願費用

ちなみに、特許の出願には、結構な費用がかかります。

  • 特許印紙代出願時:15000円
  • 審査請求:172600円 ~
  • 登録時:7500円 ~

知的財産のとはいえ、財産の価値を認めてもらって、その上での登記ですから、当然と言えば当然ですね。。

 OTARD-KEN 

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
『いいね』いただけると嬉しいです。 

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*