トヨタリコール!ヴィッツ等590万台!クラウン14万台!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パワーウィンドウ発煙

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」など6つの車種でパワーウィンドウのスイッチから火が出るおそれがあるとして、およそ60万台のリコールを国に届け出ました。

国外で販売している車も同じ不具合があるということで、リコールの対象となる車は北米やヨーロッパ、アジアなどで合わせて590万台に上る見通しです。

スポンサードリンク

運転席側パワーウィンドウがショート

国土交通省によりますと、これらの車では、運転席側のパワーウィンドウの部品がショートして火が出るおそれがあるということです。

トヨタにはこれまでに部品が焼ける事故が2件、「煙が出た」といった不具合が46件、報告されているということです。

 

国内でリコールの対象となったのはトヨタの

  • 「ヴィッツ」
    ヴィッツ 平成22年

    ヴィッツ 平成22年

  • 「ラクティス」
    ラクティス 平成22年

    ラクティス 平成22年

  • 「ベルタ」
    ベルタ 平成22年

    ベルタ 平成22年

  • 「オーリス」
    オーリス 平成22年

    オーリス 平成22年

  • 「カローラルミオン」
    カローラルミオン 平成22年

    カローラルミオン 平成22年

  • 「イスト」
    イスト 平成22年

    イスト 平成22年

の6車種、合わせておよそ60万台です。

製造期間は車種によって異なりますが、

『平成17年1月から平成22年6月』

までです。

 

 

トヨタによりますと、北米やヨーロッパ、アジアなどで販売している同じ車種でも同様の不具合があるということで、国外でリコールの対象となる車は合わせて590万台に上る見通しです。

 

クラウンボンネットロック不良

トヨタは平成24年11月から先月までに製造された「クラウン」合わせておよそ14万台もリコールを国に届け出ました。

国土交通省によりますと、この車ではボンネットを固定する部品の強度が足りず、ロックを解除して高速走行するとボンネットが開くおそれがあるということです。

クラウン 平成21年

クラウン 平成21年

トヨタはいずれも22日から全国の販売店で無料で修理に応じることにしています。

【引用・参照】http://www3.nhk.or.jp/news/

OTARD-KEN

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*