シンドラー社元社員!監禁容疑で再逮捕!威力業務妨害に加え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「シンドラーエレベータ」の元社員が、エレベーターを故意に停止させ会社の業務を妨害したとして逮捕された事件で、警視庁は元社員が千葉県の集合住宅でもエレベーターを停止させ、乗っていた女性を閉じ込めたとして監禁などの疑いで再逮捕しました。

スポンサードリンク

監禁容疑で再逮捕

シンドラーエレベータ(東京都江東区)の元社員の男がエレベーターを故意に停止させて同社の業務を妨害していた事件で、警視庁などは21日、威力業務妨害容疑で逮捕された、韓国籍の李雄大容疑者(36)を、同容疑と監禁容疑で再逮捕しました。

李容疑者は7月9日、千葉県浦安市内のマンションで、エレベーターの安全装置を作動して非常停止させました。
30代の住人女性を約45分間にわたって閉じ込めたほか、同社に原因調査に当たらせるなどした疑いが持たれています。

李容疑者は「女性がエレベーターに乗るのを確認していた」などと供述しており、閉じ込めの意図があったとして、監禁容疑の適用が可能と判断しました。

イメージ

イメージ

女性は事件後、エレベーターの利用をためらうようになり、監禁によって心理的なダメージを負わせた監禁致傷容疑での立件も一時検討しました。
しかし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に至るような重度の症状はなかったため、監禁致傷は見送ることになりました。

紅茶セット

関東圏6基で被害

国交省しらべ

国交省しらべ

李容疑者が保守点検に関わっていたエレベーターでは、6月28日~8月1日の間に、都内のURマンションなどで計七回、安全装置を作動させるなどの手口でエレベーターを非常停止させ、居住者ら計七人が閉じ込められる事案が多発していました。

 

自作自演

なた、8月2日夜、茨城県つくば市のホテルの同社エレベーター内で安全装置を作動させ、一階と二階の間に非常停止させた上、内部に閉じ込められたように偽装しました。

李容疑者は携帯電話でフロントに連絡し、別の社員を呼び出し、緊急点検させるなどして同社の業務を妨げました。

このとき、別の社員が来る前に自力で脱出しており、調査の結果、緊急停止が自作自演であることが判明しています。

李容疑者は他にも数件、エレベーターの非常停止に関わっていた疑いがあり、6月に支店長から一般社員に降格されていました。
調査に対して「会社を困らせようと思った」と説明しています。

同社は8月5日、李容疑者を懲戒解雇し、同月下旬、警視庁に同容疑で刑事告訴しており、10月3日に逮捕されていました。

OTARD-KEN

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
「いいね」いただけると、励みになります。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*