横浜マンション傾斜!データ偽装!該当建物の住民へ伝達遅れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パークシティLaLa横浜

横浜市都筑区のマンション「パークシティーLaLa」の一部が傾いている問題で、旭化成建材と旭化成は、過去約10年間にくい打ち施工した全国3040件の元請け建設会社に、調査対象であることを通知する作業を始めました。

しかし、住民のところへ情報が届くのは、しばらく後になりそうです。

目 次
・24日の夜までには、全物件への連絡をとる
・伝達ルート重層し、住民への伝達時期遅れる
・割れる判断
スポンサードリンク

24日の夜までには、全物件への連絡をとる

くい打ち施工を請け負った旭化成建材や親会社の旭化成は、過去約10年間にくい打ち施工した全国3040件の元請け建設会社に、調査対象であることを通知する作業を始めました。

22日の時点では、「安全が確認された物件には連絡を入れない」としていた旭化成側でしたが、「全物件へ速やかに連絡を」との石井啓一国土交通相の指示を受け、方針転換を余儀なくされたたかっこうです。

 

伝達ルート重層し、住民への伝達時期遅れる

ただ、連絡相手は所有者ではなく、くい打ち施工の元請けだった建設会社です。

マンションなどの集合住宅の場合、建設会社が販売会社と協議した上で、管理組合など住民側に伝えることが想定されるため、「居住者への連絡は遅れる可能性がある」ということです。

 

割れる判断

こうした中、

  • 秋田県岩手県高知県熊本県秋田市仙台市金沢市などは23日、所有施設が該当すると連絡を受けた際には、建物名などを公表する方針を示したました。
  • 一方、愛知県は「問題があると確実にいえる段階ではなく、いたずらに不安をあおりたくない」として公表を控える方針です。
  • 札幌市も「余計な不安を広げるので公表しない」と説明しました。
  • 福井県大阪府福岡市なども「直ちに公表はしない。調査で問題があれば検討する」などと慎重な姿勢を示しています。

 

【関連記事】

 

 OTARD-KEN 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。 

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*