中国ギネス無効!4t揚州チャーハン!ごみ収集車で搬出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
中国チャーハン

英ギネス・ワールド・レコーズ社は、揚州チャーハンで有名な中国江蘇省揚州市で世界記録を目指してつくられた4トン超のチャーハンについて、一部が人の食に供されず不適切な処理があり「世界最大盛りのチャーハン」とは認定しないと公表しました。

大量のチャーハンがトラックに積み込まれ、そのうちの約150キロが豚の餌になったとの報道があり、同社は記録の認定を受ける食べ物は人に食用として提供されなければならず、食べ物を浪費してはならないとの規定に違反していると説明しています。

スポンサードリンク

中国、江蘇省の揚州では今月22日、中国料理の普及を進める協会が主催する催しの中で、地元の名物料理として知られる「揚州チャーハン」4トン余りが作られ、世界最大のチャーハンとして、ギネス世界記録に認定されました。

ところが、その後、チャーハンの一部がゴミ収集車で運び出されたことがインターネット上で暴露され、中国メディアは豚の餌にしたと報じて厳しく批判していました。

これを受けて、ギネス世界記録の中国にある事務局は26日、インターネット上で、これまでに150キロのチャーハンが不適切に処理されていたことが確認されたとしたうえで、食品に関する記録に挑戦する際には食べ物をむだにしてはいけないという規定に基づいて記録を無効にしたと発表しました。

中国では、宴会の際などの食べ残しが社会的な問題となっていて、インターネット上では「記録の無効は当然だ」といった意見や「最も多くの食べ物をむだにした世界記録だ」などと、今回の行為を批判する意見が相次いでいます。

 

せっかくの企画で、一度はギネスにも登録されたにもかかわらず、食べ物を無駄にする行為は、とても残念です。

 

家庭ごみ世界一の日本

これは、前述とは趣旨が違いますが、実は、世界で一番食品廃棄物が多い国は、日本なのだそうです。

 

環境省

環境省(環境統計集-食品リサイクル)

 

これを反面教師に、日本人も、食べるものを廃棄したりしないように工夫をしていかなければならんと思います。

 OTARD-KEN 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。 

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*