空母ロナルドレーガン!ロシア軍機接近!F14スクランブル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ロナルド・レーガン

朝鮮半島沖の日本海で、演習中のアメリカ軍の空母ロナルド・レーガンにロシア軍機2機が接近して、空母側が戦闘機を緊急発進させて対処し、アメリカ軍はロシア側の意図を分析しています。

スポンサードリンク

アメリカ国防総省によりますと、朝鮮半島沖の日本海で今月27日朝、韓国軍との演習に参加していたアメリカ軍の空母ロナルド・レーガンに対し、ロシア軍機「ツポレフ142」2機が、高度150メートル、距離およそ1.6キロの近さまで接近したということです。

ツポレフ142

ツポレフ142

これに対してアメリカ軍は、空母の艦載戦闘機「F18」4機を緊急発進させて対処し、パイロットが無線を通じてロシア軍機に呼びかけましたが、応答はなかったということです。

アメリカ国防総省は、ロシア軍機の空母への接近について、

「直接の脅威を示すようなことはなく、前例がないわけではないが頻繁に起きるものではない。」

と述べ、今回のロシア軍の行動が通常とは異なるという認識を示しました。

ロシア軍は最近、太平洋に面するカムチャツカ半島の基地に新型の潜水艦発射型弾道ミサイルを搭載した原子力潜水艦を配備するなど、アメリカに対するけん制を強める動きも見せており、アメリカ国防総省は、今回のロシア軍機の行動の背景にある意図を分析しています。

紅茶セット

OTARD-KEN

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*