個人情報1億人分!メールで偽情報!株価操作イスラエル人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サイバー攻撃

アメリカの金融機関などに対するサイバー攻撃で1億人分以上の個人情報を盗み出し、メールで偽の情報を流して不正に株価を操作して利益を上げていたとして、イスラエル人の男など3人がアメリカの司法当局に証券詐欺の罪などで起訴されました。

スポンサードリンク

ニューヨークの連邦地検によりますと、起訴されたのは31歳と40歳のイスラエル人の男2人と31歳のアメリカ人の男の合わせて3人です。

 

ハッキング

  • 3人は2012年からことしの夏にかけて、アメリカの金融機関など12社のネットワークに対してサイバー攻撃を仕掛け、合わせて1億人分以上に上る個人情報を盗み出した。
  • このうちの1社はアメリカ最大の金融機関JPモルガン・チェースで、盗まれた個人情報は8300万人分。

 

株価操作

  • 入手した顧客情報にメールで偽の情報を流して、特定の企業の株を購入するようしむけるなどして不正に株価を操作し、巨額の利益を上げていた。
  • 3人はそれぞれ、コンピューターハッキングや証券詐欺の罪などに問われている。

3人のうち2人は、ことし7月、イスラエルで逮捕され、残る1人は逃亡を続けているということです。

 

連邦地検の担当者は会見で、

「ハッキングはより複雑になり、新たな次元になっている。企業は顧客の個人情報の保護にさらに力を入れる必要がある。」

と指摘しています。

(NHK:11月11日)

OTARD-KEN

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*