向精神薬違法販売!河原康平薬剤師逮捕!4万錠違法に販売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
向精神薬

奈良市の薬剤師が東京のマンション経営者に向精神薬を違法に販売したとして、警察に逮捕されました。

この経営者はインターネットで向精神薬を違法に販売したとして、逮捕・起訴されていて、この経営者から購入した複数の人が薬物中毒で死亡しているということで、売買を巡る実態の解明を進めています。

目 次
・薬剤師、河原康平容疑者
・マンション経営小岩井由香被告
スポンサードリンク

薬剤師、河原康平容疑者

逮捕されたのは奈良市の薬剤師、河原康平容疑者(40)です。

警察の調べによりますと、河原容疑者は、ことし1月、覚醒作用のある向精神薬数十錠を、東京・世田谷区のマンション経営小岩井由香被告(55)に数千円で違法に販売した、麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いが持たれています。

河原容疑者は去年まで、大阪・豊中市で薬局を経営し、経営をやめたあとも含めて小岩井被告に4年間で少なくとも4万錠に上る向精神薬を販売していたということです。

河原容疑者の自宅からは向精神薬など1万錠が押収されているということで、警察は河原容疑者が以前経営していた薬局の在庫の薬を横流ししていたとみて調べています。

 

マンション経営小岩井由香被告

小岩井被告は生活保護の受給者に無料で処方された向精神薬などを入手し、インターネットで違法に販売したとして逮捕・起訴されていて、警察によりますと小岩井被告から購入した複数の人が薬物中毒で死亡しているということです。

小岩井被告は、河原容疑者らから買った向精神薬を含め10万錠余りをインターネットを通じて全国の約120人に転売したなどとされています。

 OTARD-KEN 

ページに訪問いただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。 

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*