パリ連続テロ!120人以上犠牲!フランス非常事態を宣言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パリ同時テロ

フランスの首都パリのレストランなど複数の場所で、日本時間14日朝早く、発砲や爆発があり、コンサートホールでは、何者かが数十人の人質をとって一時立てこもりました。

フランスの複数のメディアはパリ市当局者の話として、一連のテロ事件で120人余りが死亡したと伝えました。

目 次
・犯人は銃乱射や自爆テロ
・日本大使館
・イスラム過激派関与
・留学生など安否対応(文部省)
・警視庁が仏大使館の警戒強化
・パリ日本大使館に現地対策本部設置
・フィギュアの大会に影響なし
・TJBツアー中止
・専門家「イスラム過激派の可能性」
スポンサードリンク

犯人は銃乱射や自爆テロ

パリの警察によりますと、13日午後9時ごろ(日本時間の14日朝早く)、パリ中心部のコンサートホール、バタクランで、ロックグループのコンサート中に複数の男らが観客に向けて銃を乱射し人質をとって立てこもりました。

14日午前1時ごろ警官隊が突入し、少なくとも容疑者とみられる2人を殺害しました。

BBCは目撃者の証言として、コンサートホールでは、2、3人の若い男が自動小銃を10分から15分の間、撃ち続けたと伝えていて、多数の死傷者が出たとみられています。

このほか、パリのレストランで発砲や、パリ近郊のサッカースタジアムの出入り口付近で爆発があるなどテロとみられる事件が少なくとも6か所で起きました。

フランスの複数のメディアはパリ市当局者の話として、一連のテロ事件で120人余りが死亡したと伝えました。

一方、サッカースタジアムでは爆発当時、サッカー男子のフランス代表対ドイツ代表の親善試合が行われ、フランスのオランド大統領も観戦していました。

その後、フランスのオランド大統領は、テレビを通じて、

「前例のないテロだ。事件はまだ続いている。フランス全土に非常事態を宣言し、国境を封鎖する。私たちは連帯し、冷静にならなければならない。」

と述べ、非常事態を宣言するとともに国民に冷静な対応を呼びかけました。

パリ市は市民に自宅待機を呼びかけています。

 

日本大使館

一方、パリにある日本大使館によりますと、これまでのところ日本人が爆発や発砲に巻き込まれたという情報はないということです。

大使館は、フランスに滞在している日本人に対して、テロや不測の事態に巻き込まれることのないよう最新情報の収集に努めることを呼びかけています。

パリやその近郊に渡航する予定を立てている人は、テロの標的になりやすい政府や警察関連の施設、それに観光施設やデパートなど、不特定多数の人が集まる場所には近づかないよう呼びかけています。

 

イスラム過激派関与

コンサートホールを襲撃した容疑者らは、アラビア語で「神は偉大なり」と叫んで銃を乱射したと伝えています。

また、サッカースタジアムの爆発については、関係者の話として自爆テロとの見方をしていて、一連の事件についてイスラム過激派組織が関与している可能性を指摘しています。

 

留学生など安否対応(文部省)

文部科学省は、各大学を通じてフランスに留学している日本人の留学生の安否確認を進めるとともに、今後の現地の情報に十分注意するよう呼びかけを行っています。

また、パリでは今月30日から、各国の首脳が参加して地球温暖化対策を話し合う国連の会議、COP21が始まることから、担当する環境省は、首相官邸や外務省と連携しながら会議の開催に影響がないかなど情報収集に追われています。

 

警視庁が仏大使館の警戒強化

東京・港区南麻布にあるフランス大使館には、14日午前9時半すぎに警視庁の機動隊が到着しました。

隊員たちは大使館の出入り口に立って警戒に当たったり、周辺を歩きながら不審物などがないか点検したりしていました。

また、警視庁は、都内にあるフランスの関連施設を管轄する警察署に対し、パトロールを強化するよう指示を出し、警戒を強めています。

 

パリ日本大使館に現地対策本部設置

政府は、外務省に情報連絡室を、パリにある日本大使館に現地対策本部を設置して、巻き込まれた日本人がいないか確認を急ぐとともに、フランスへの渡航を予定している日本人や現地に滞在している日本人に注意を呼びかける渡航情報を出しました。

また、外務省は今回の事件を受けて、フランスへの渡航を予定している日本人や、現地に滞在している日本人に対し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう注意を呼びかける渡航情報を出しました。

 

フィギュアの大会に影響なし

フランスでは、フィギュアスケート、グランプリシリーズの第4戦、フランス大会が13日からボルドーで開かれていて、日本からは宇野昌磨選手や村上佳菜子選手など4人が出場しています。

日本スケート連盟によりますと、選手や関係者は無事で、現段階で大会の運営に支障が出るという情報も入っていないということです。

 

TJBツアー中止

国内旅行最大手のJTBは14日、パリでの多発テロを受けて、フランスに向かうパッケージツアーを中止したことを明らかにしました。

14日と15日に日本を出発する主力ブランドの「ルックJTB」のツアーが対象。
現時点では、これ以外のツアーは続けるもようだ。

JTBによると同社のツアー利用者で、現時点でパリに約300人が滞在している。
同社は、安否確認や情報収集をしているが、ツアー客でけが人などは出ていないという。

 

専門家「イスラム過激派の可能性」

「日本エネルギー経済研究所」の保坂修司研究理事は、今回の一連のテロ事件について、

「これまでのテロとは規模が異なる。
事前によく計画され、組織的に行われたとみられ、アメリカ軍が12日に過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーを狙って空爆したことに報復したものとは考えにくい。
パリは、ヨーロッパの都市の中でもイスラム教徒の割合が比較的高く、イラクやシリアに渡航するなど過激派の思想に共感する人も多い。
ISもインターネット上で、フランス語の雑誌を出版するなどフランス国内への宣伝戦略を重視していて、国内でテロを起こすよう呼びかけている。」

と述べ、今のところ犯行声明は確認できていないものの、イスラム過激派による犯行の可能性が高いという見方を示しました。

 

ヨーロッパで難民の受け入れを進めてきたEUですが、一部の過激派によって、多くの市民が犠牲になる結果に、EU圏内の国民心情も複雑さを増しているに違いありません。

 OTARD-KEN 

ページに訪問いただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。 

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*