テキーラ瓶詰覚醒剤150キロ応酬!末端価格100億円?横浜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
覚醒剤

今年9月に、メキシコからの貨物船のコンテナから、覚醒剤の溶かし込んだ液体入りのテキーラ瓶1000本が横浜市鶴見区の倉庫で押収されました。

今年4月には、成田空港でもテキーラ瓶2本に覚せい剤を溶かし込んだ液体を持ち込もうとしたとして、メキシコ国籍の女子大生が逮捕されています。

目 次
・押収量は160キロ以上?
・末端価格は100億円
・逮捕されたメキシコ人男性
スポンサードリンク

押収量は160キロ以上?

運び込まれたコンテナには、7000本のテキーラが詰まっていました。

そのうちの8本から、合わせて1.3キロの覚せい剤が抽出されたとのことです。

警察が詳しく調べたところ、1000本から覚せい剤の溶かし込んだ液体が見つかり、押収されました。

8本で1.3キロということは、1本当たり162.5グラム

しかし、中途半端な。

162.5(グラム) = 0.358(ポンド)

162.5(グラム) = 5.732(オンス)

そりゃそうか、元の重量分を1000本に分けたということでしょ。

単純計算で、162.5 (g) × 1000本 = 162.5 (kg)

エッ!?

米1俵が60kgだから、それと比べてもお相撲さん級です。

実際は、150kg とか 160kg とかを1000本にわけたのでしょうね。

平成26年の押収量は448.00kg(警察庁)と発表されていますので、今回の押収量が如何に大規模なものかがわかります。

 

末端価格は100億円

今年の4月に成田空港で押収されたテキーラ瓶2本分の覚せい剤が1.6kgでした。

この時の末端価格が1億1000万円と報道されていましたから、

覚醒剤1kg = 6875万円 なのでしょうか。

買ったことがないので、実際のところはわかりませんが、

1g = 68750円

えっ、こんなにするんだ。シラナカッタ。

 

yahoo知恵袋で調べてみました。

2007/3/2618:07:47
覚せい剤1グラム1万円 最近5’8万円くらいに値上がりした。

2007/3/2711:26:42
シャブは0.2gで1万くらいで大麻が1g1万くらいらしいです。
末端価格とは消費者が買う値段ですのでヤクザ、ブローカーなどの卸売り業者がいくつ入っているかでも価格は変わってくると思います。
この辺は他の物流と同じですね。
また薬物にもランクがあるので一概には言えないと思います。

 

2007年3月のドル/円は、「1ドル ≒ 118.5円」あたりですから、

為替だけで見ても5.87~6万円ぐらいなのか・・。

当時と比べると、世界需給のバランスも変わっているでしょうから、値段が変わってくるかもしれませんね。

 

ということで、1kg = 6875万円

とすれば

162.5kgの場合 

162.5kg × 6785万円 = 111億7187.5万円

150kgの場合

150kg × 6785万円 = 101億7750万円

すごい(xx!

 

逮捕されたメキシコ人男性

メキシコ人の会社役員、サンドバル・リンコン・ホルヘ・エドワルド被告(42)

警察は、液体の詳しい鑑定を進めるとともに、サンドバル・リンコン被告が大量の覚醒剤の密輸に関わっていた疑いがあるとみて、国内での密売ルートなど実態の解明を進めています。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。?

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*