また高齢ドライバー!ブレーキと間違えた!6人が重軽傷!千葉県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
茂原市の寺 骨とう市

千葉県茂原市の寺の駐車場で開かれていた骨とう市の会場で車がおよそ50メートルにわたって暴走し、男女6人がけがをしました。

運転していた71歳の男は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話し、警察は過失運転傷害の疑いで逮捕して詳しく調べています。

スポンサードリンク

骨董市で軽自動車暴走

5日正午頃、茂原市茂原の藻原寺の駐車場で開かれていた骨とう市の会場に突然軽乗用車が入って来ておよそ50メートルにわたって暴走し、周囲にいた人たちが次々とはねられました。

この事故で、男女あわせて6人がけがをして病院に運ばれ、このうち4人は軽傷、残りの2人はドクターヘリで県内の病院に搬送されましたが、いずれも命に別状はないということです。

加害者は74歳

警察は車を運転していた千葉県長南町に住む関誠紀容疑者(71)を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の状況を詳しく調べています。

警察の調べに対し関容疑者は、

「隣接する駐車場から車を動かそうとしてアクセルとブレーキを踏み間違えた」

と話しているということです。

 

恒例の骨董市

寺によりますと、この駐車場では毎月2回「がらくた骨董市」と名づけた催しを地元の人たちが開き、この日も大勢の人が訪れていたということです。

現場では骨とう市の出店のために使われていた机やいすが散乱し、瀬戸物などが割れて飛び散っていました。

暴走した車のものとみられるタイヤの痕が、駐車場の出入り口ではない植え込みの間から続いていました。

 

関係者の声

「駐車場の周りの植え込みの間からいきなり車が突っ込んできて、机やいすをなぎ倒し、私も倒されました。
1人が車の下敷きになっているように見えたました。」(受け付けをしていて車にはねられ、けがをした男性)

「突然車がものすごいスピードで目の前を走っていき、人がはねられました。
一瞬のことで何が起こっているのか理解できませんでした。
何人かで車を持ち上げて下敷きになっている人を救出しているのが見えました。
今も胸がどきどきして落ち着きません」(目撃した68歳の女性)

「ふだんは車が入らない場所からエンジンを全開にしたような爆音を上げて車が走ってきました。
運転していた男性は車から降りてきた時には特に慌てた様子はなく、何が起こっているのかわかっていないような感じでした」(骨とう市に出店していた68歳の男性)

「近くの道路を走っていた車が急に骨とう市が開かれている寺の駐車場に突っ込んできた。
私が見ただけでも、大人の男性3人がけがをしているようだった。骨董市はけさは8時ごろから開かれ、当時は30人から40人くらいの客がいた」(現場近くにいた男性)

 

1日には千葉県松戸市葬儀場で

千葉県松戸市日暮2丁目の葬儀場「セレモ八柱駅北口ホール」の玄関付近で、火葬場に向かう遺体を見送る参列者に住職、藤田哲夫さん(74)の乗用車が突っ込みました。

40~70代の男女計9人が脚などに重軽傷を負った。

藤田さんは葬儀でお経を唱えるために葬儀場を訪れていて、玄関前に止まっていた霊きゅう車とマイクロバスの間に乗用車を入れようとしたところ、建物側に車を突っ込ませてしまい、遺体を見送ろうと玄関付近に集まっていた参列者をはねたとみられます。

同署の調べに藤田さんは「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しています。

 

多発する高齢ドライバーの事故

10月下旬に宮崎県で起きた認知症高齢者による死傷事故など、高齢者の交通事故報道が多くなっています。

11月上旬には、93歳のお婆さんがひき逃げ容疑で逮捕されていました。
人を跳ねたことにも気付かなんだのでしょうか。

全国の事故発生件数に比べれば報道される件数は少ないと思いますが、高齢者が車を運転するのを見ていると、確かに怖いなと感じることが多々あります。

運転代行の運転手でも、夜半に目が見えていないのではと思える高齢者が運転していることもありました。

多分、自分は大丈夫だと思っておられるのだと思うのですが、他人に怪我を負わせてからでは取り返しがつきません。

車という足がなくなれば生活が不便になるのでしょうけれども、車に乗っていない側が、周りに気を配っていないといけないのでしょうか。トホホ。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*