ポイントサイト開設後に必ず確認したい2つの注意事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ポイントサイト

ポイントサイトに登録して、せっせとポイント貯めようとしている貴方。

ちょっと待ってください。

ここに注意するだけで、ゲットできるポイントが、こんなに違うんです。

スポンサードリンク

そのサービスポイント、相見積しましたか?

ポイントサイトに登録すると、いろんな特典が付いてきます。

既に、活用されている方はそれで問題ないのですが、今から始めようと思われているのであれば、必ず、サービスの相見積をとってください。

 

例えば、以下の「アメリカン・エキスプレス・カード」の紹介は2015年のある同一時期の 3つを抜き出したものです。

どれも、ポイントサイトからカードを申し込めば、これだけのポイントが還元されるのですが、ポイントにかなりの差があります。

げん玉

アメリカン-げん玉

  • 「げん玉」経由で、このカードを作ると「80000ポイント」付与されます。
  • 「げん玉」のポイントは、10ポイント = 1円 ですので、8000円分のポイントがもらえます。

Life Media

アメリカン-ライフメディア

  • 「Life media」経由で、このカードを作ると「1250ポイント」付与されます。
  • 「Life media」のポイントは、1ポイント = 1円 ですので、1250円分のポイントが付与されます。

ちょびリッチ

アメリカン-ちょびリッチ

  • 「ちょびリッチ」経由で、このカードを作ると「32000ポイント」付与されます。
  • 「ちょびリッチ」のポイントは、1ポイント = 1円 ですので、16000円分のポイントが付与されます。

A8.net-セルフバック

アメリカン-A8

  • 「A8.net-セルフバック」経由で、このカードを作ると、成果報酬で7500円がキャッシュバックされます。

この中で、あなたはどこでカードを作りますか?

「ちょびリッチ」の報酬が一番多いので、「ちょびリッチ」経由で作るが正解ですね。

【予告】複数のポイントサイトでサービスを相見積比較する3段階の方法
【予告】ポイントサイトでカードを作るときに絶対してはいけない3つのこと

 

しかし、まだ、待ってください。

A8.netのように、金額が示してある場合は良いのですが、他は、あくまでもポイントです。

そして、1円が何ポイントなのかを示す換金率も一般的な換金率です。

次に注意していただきたいのが、換金方法です。

 

換金方法をチェックしよう

げん玉

げん玉の場合、『PointExchange』にポイントを移行して、そこから金融機関に現金振替をしなければなりません。

げん玉は、手数料無料チケットを毎月1枚支給してくれるので、月に1回は無料で金融機関へ現金を振替できます。

但し、手数料無料チケットは1ヶ月間しか有効期限がありませんので、期間がひと月をまたがないように注意が必要です。

こうしてみると、げん玉は、獲得ポイントは全部現金化できるので、現金化率は100%です。

Life Media

「Life Media」は、月1回は手数料が無料です。

2回目以降は手数料が50ポイント(50円)かかりますが、1回で済ませば、実質換金率は100%です。

ちょびリッチ

「ちょびリッチ」は、金融機関によっては手数料がかかります。

ジャパンネット銀行を利用する場合は手数料が無料なうえに、現在(2015.12)は、ジャパンネット銀行口座をちょびリッチ経由で開設すれば、1500ポイント(750円分)が付与されます。

 

このように、サイトによってメリットが異なります。

サイトによっては、ポイントは現金交換不可でポイントカード(例.ナナコカード)や商品にしか交換できないところもあります。

また、ポイント交換サイトへの移行時に手数料を差し引くところもありますので、現金が自分の手元に来るまでの流れもシュミレートして、付与されるポイントがお得なのかどうかを確認してからサービスを利用しましょう。

【予告】複数のポイントサイトでサービスを相見積比較する3段階の方法
【予告】ポイントサイトでカードを作るときに絶対してはいけない3つのこと

 

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。?

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*