修学旅行生!運河から女性2人救助!アクセル間違い車転落!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
救助

長崎市出島町で、70代と60代の女性2人が乗る乗用車が運河に転落しました。

近くにいた修学旅行の長野県飯綱町の北部高校の生徒3人が救助に向かい、女性らを運河から引き揚げ救助しました。

機転の利いた高校生によって、女性二人は助けられました。

スポンサードリンク

9日午前11時20分ごろ、修学旅行の班別行動で長崎港に臨むテラスで食事をしていた長野県飯綱町の北部高校2年、久保田裕英(ひろひで)さん(16)は、「ガシャーン」という大きな音のする方向を振り向きました。

そこには、まさに、運河にダイブしようとする車が目に飛び込んできました。

班行動をしていた友人と、近くの運河まで様子を見に行くと、歩道から3メートルほど下の運河で車が転覆し、近くに女性2人が浮いていました。

 

浮き輪は老朽化

歩道の手すりにかかっていたロープ付きの浮輪を、女性めがけて投げてはみたが、ロープが老朽化していて、コンクリートに引っかかった際に切れてしまった。

正午近くの長崎とはいえ、運河の水温は冷たく、突然冷たい水につかった場合は、長く水中に留まることは危険です。

当時を振り返える久保田さんは、

「2人は顔が真っ白で、このままじゃ、やばい。周りに人がほとんどいなかった。自分が行くしかないと思った。」

と語っています。

 

高校生の救助

久保田さんは、友人と2人で運河の中にある堰まで降りて2人に手を伸ばし、引き揚げました。

別の友人が119番通報し、女性2人は病院に運ばれ、女性2人は軽傷で、命に別条はないという。

 

運転ミスが原因か

運河から道路をはさんで向かい側にある駐車場では、出口の料金所のバーが折れており、長崎県警は、運転していた女性がブレーキとアクセルを踏み間違えて運河に落ちた可能性があるとみて調べています。

 

長野県飯綱町:北部高校の3人は、本当にお手柄です。

 

高齢者の操縦ミスによる車の事故が多発しています。

自損事故で、自分のみならず友人まで巻き添えにするところでした。

車業界も、ブレーキとアクセルの仕組みを再考する時期に差し掛かっているのではないでしょうか。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*