北海度でヒグマ生息調査!1万600頭!推定生息の1.8倍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ひぐま

道がヒグマの捕獲頭数や生息密度などを基に初めて科学的な手法でヒグマの頭数を推定したところ、1万600頭だったことがわかりました。

従来の調査は狩猟者の聞き取りに基づいたもので、12年度は2200~6500頭と推定していたまし。

スポンサードリンク

道は平成2年以降、23年間のヒグマの捕獲頭数や生息密度など、主に5つのデータを基に、道内全体にどれだけの数のヒグマが生息しているか、初めて科学的な手法を用いて推定しました。

調査方法は、

  • 雌雄別捕獲数
  • 出産数と出産間隔
  • 生存率
  • 生息密度
  • 痕跡発見率

など、これまでのモニタリングや調査で蓄積されたデータを基にコンピューターでシミュレーション。

1990年度から12年度まで23年間の毎年の生息数を推定しました。

 

その結果、道内全体のヒグマの頭数は1万600頭で、平成2年の推定生息数(平均値5800頭)に比べ、およそ1.8倍に増えているということです。

地域別にみますと、

  • 道東・宗谷が最も多く4200頭
  • 日高山系が2800頭
  • 渡島半島が1400頭
  • 天塩・増毛が1000頭
  • 積丹・恵庭が800頭
  • 夕張山地が500頭

 推定を行った道生物多様性保全課は、

「これまでの調査は聞き取りが中心でヒグマの頭数を過小評価していた。今回のデータはどのくらい捕獲すると生息に影響が出るかを考える上で重要なものだ」

「生息数の減少を受け、90年度から積極的な捕獲をやめたことが原因でないか。継続して増加傾向にあった可能性が高い」

と分析しています。

 

ただし今回の推定頭数は最大と最小の平均値で、プラスマイナス6700頭の誤差があり得るという。

最小の場合は、23年間にわたり横ばいの約4千頭で推移した可能性も排除できないとしています。

 

確かに、

マイナスであれば、

10600頭 - 6700頭 =3900頭

です。

では、プラスであれば

10600頭 + 6700党 = 17300頭

ですね。

プラスマイナスの誤差がすごいです。

こんなんで、いいのかな?

 

この、推定数は、来年度に策定する保護管理計画で年間捕獲数の上限を設定する際に反映される、そうです、、。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*