靖国爆発事件!再入国容疑者!爆発物所持?韓国を出国の謎?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
靖国神社

靖国神社に爆発物を仕掛けたとされる元韓国空軍の27歳容疑者が、羽田空港で公安部に逮捕されました。

羽田空港で拘束された際に、火薬のようなものとタイマーを所持していたと報道されていますが、何故、機内に持ち込めたのかが最大の疑問点です。

韓国では、火薬類の機内持ち込みをチェックしているのだろうか?

目 次
・チャン容疑者の足取り
・公安からの公表事項
・単独の犯行?
・真の目的は靖国じゃない?
スポンサードリンク

靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして不審物が発見された事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が9日の再来日の際、爆発物の材料となる火薬のようなものなどを所持していたことが分かりました。

 

チャン容疑者の足取り

  • 今月9日午前10時ごろ、韓国から羽田空港に入国
  • 到着を把握して駆けつけた捜査員に身柄を確保
    (その際、火薬のようなものや、タイマーのようなものなどを所持)
  • 警視庁公安部は爆発物を仕掛けるため再入国した可能性が高いとみて慎重に調査
  • 全容疑者は靖国神社に不法侵入した疑いで逮捕
    • 当初は「よく分からない」と容疑を否認
    • 再来日の理由を
      「日本の記者から質問を受けて、靖国神社のトイレを確認しに来た」
      と供述
    • 「23日に靖国神社に入り爆発物を仕掛けた」
      「靖国神社は失敗で、もう1回やろうと思った」
      などと、供述
    • 10日になり、再度否認
  • 再来日時には既に帰国便のチケットを確保しており、日帰りの予定だと判明

 

公安からの公表事項

  • 現場のトイレで見つかった遺留物と、全容疑者が宿泊したホテルにあった別の遺留品からそれぞれ検出されたDNA型が一致したことが判明。
  • 全容疑者が双方の場所にいたことを裏付ける証拠になるとみて調べている。
  • 歴史問題や靖国神社をめぐって過激な抗議を行う団体への所属歴なし。
  • 犯罪の前歴も確認されていない。

 

単独の犯行?

航空機に、火薬の原料になるものを持ち込めたということは、韓国側に手引きする者がいたと考えられます。

短期間に2回も渡航することに出国時に不審を抱かれないものだろうか?

 

真の目的は靖国じゃない?

今回の騒動で、公安やマスコミが現場のニュースを流していますが、本当の事件は他で起きているのではないかと疑われます。

仮に、今回の犯行が世間の目を集めることが目的で、本来の目的を遂行するためのオトリだったのではないかということです。

立て続けに2回も爆発物を日本に持ち込むところを鑑みれば、大きな組織が何かを企てていると疑ってかかるべき事件ではなかったかと感じます。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*