【閲覧注意】蛇が混入!タイのパパイヤサラダ!慰謝料500バーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
驚き

タイの屋台で購入したサラダに、蛇が混入していた写真がフェースブックに投稿されました。

ちょっと、怖いもの見たさにアクセスしてみましたよ。

食べられないことのないかな?、ちょっと、気持ち悪いかな、、。

スポンサードリンク

蛇サラダ

蛇サラダを購入してしまったのは、タイのフェイスブックユーザー Kannika Popeyeさん。

「信じるか信じないかはあなた次第です」と投稿したのは蛇入りのソムタムの画像。

蛇混入

 

このサラダは、イサーンと呼ばれるタイ東北部を代表する料理の一つ、ソムタム(青パパイヤのサラダ)です。

ソムタムはそれぞれの好みや地域によっても様々で、プララー(発酵魚)入りや砂糖入り、青パパイヤの代わりにマンゴーやキュウリなどの果物や野菜を使ったものなど、たくさんの種類が存在します。

 

どんな味?

発酵魚と砂糖が入っているということは、酢の物を少し甘くした感じなのでしょうか。

中華風の春雨サラダに近い味?でしょうか。

サラダ

春雨サラダ

 

日本の「くさや」も発酵魚です。

発酵食品で保存食ですので重宝された食品ですが、臭いがとても強いです。

臭いから「くさや」という説もあるほどです。

子供の頃から食べてないと、食べるのは一苦労でしょうね。

 

蛇入りのソムタム

とはいえ、蛇入りのソムタムというのは、通常メニューにはないようです。

屋台の店主の話では、おそらくプララー(発酵魚)に蛇が混入しており、魚を入れたつもりで蛇を入れてしまったのだろうとのこと。

 

路上屋台で購入したソムタムを自宅に持ち帰って皿に盛りつけたところ、蛇が入っていたというのだから、驚き様はトンデモだったでしょう。

驚き

matome.naver.jp

 

お詫びに500バーツ

この件は、店主がKannika Popeyeさんに謝罪し、お詫びとして500バーツを支払うことで決着したのだそうです。

500バーツは日本円にすると、

バーツ

 

ちなみに、タイの平均年収は、

ワールドサラリーズの月収所得から換算すると、タイの平均年収は日本円にして138万円~140万円です。

しかし実際には、所得の格差は相当ひらいており、上記の平均年収はあくまでも上位の職業についている方からレポートしたものです。

バンコク以外では農業、林業、飲食店などでの就労人数が最も多いといわれ日本円にすると年収14万円~15万円となります。

実際の平均年収は、推定30万~40万円程度が主流で、その辺りが中流階級の指標となるようです。

Kannika Popeyeさんが住んでいるのが「チョンブリ県バンセーンのウォンムック市場近く」

チョンブリ県

のようですので、500バーツは、日本であれば2万円ぐらいの価値があると思われます。

屋台の店主にしてみれば、その日の売り上げ金?にあたるかもしれませんね。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*