中国旅行客ブラックリスト!日本初は札幌コンビニ店員暴行客!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
反スパイ法

中国では、今年の4月に「遊客不文明行為記録管理暫行弁法」が施行されました。

日本で表現すると、「観光客による非文明的行為の記録管理暫定法」という法律です。

このほど、日本を旅行中の中国の旅行客からも初めて「不文明行為記録」ブラックリスト掲載者がでました。

スポンサードリンク

札幌の事件とは

北海道警札幌中央署によりますと、問題の中国人旅行客の男は、9月26日夜、妻と共に札幌市内のコンビニで買い物に出かけた際、妻が会計前に商品のアイスクリームを食べ始めたため、店員は外に出るよう要求しました。

これに対して、夫である男は「妻がののしられた」と思い、店員の顔面を殴ったり、髪をつかんで足でけったりするなど暴行を加えて鼻などを負傷させたということです。

2人は現行犯逮捕されましたが、その後不起訴処分となり、釈放されました。

 

ところで、何故、不起訴処分になったのでしょうか?

店員さんが、示談したのでしょうか。

 

中国国家観光局の対応

中国国家観光局はこのほど、店員に暴行を加えた上海市内の男の問題行為を同局ウェブサイトに実名入りで公表しました。

そして、男は「不文明行為記録」と呼ばれるブラックリストに掲載された。

これまでにブラックリスト入りしたのは計16人だが、日本での問題行為が対象になったのは初めてです。

 

実際のマナーの悪い中国人観光客はもっと大勢になると思われますが、啓発とある意味、見せしめとして公表することで、他の旅行客に啓発と教育を促す目的があるようです。

時間が掛かったとしても、民度が上がっていくことに期待したいです。

 

掲載されるとどうなる

ブラックリストに載ると、記録は警察や税関にも通報され、出国や銀行取引の際などに制限を受ける可能性があります。

男に関する情報は2018年12月まで3年間、記録が保存されます。

 

これまでに公開された例

  • 旅客機内で客室乗務員にカップ麺の中味を浴びせた男女計2人
  • 出発待ちの旅客機の非常出口を開けた男性1人
  • 革命期の共産党軍女性兵士の立像に登り、頭に腰をかけた写真を撮影した男性1人
  • etc..

 

解放日報の論説

中国人旅行客の「非文明行為」が目立つようになったのは、裕福になって旅行をする人が急増したためと主張。「かつての日本や韓国でも、海外旅行の増加期には、海外で批判されたり嘲笑されたことがあった」などとして「旅先での非文明的な行為は、中国人だけの特徴ではない」

ただし、「所構わず痰を吐いたりごみをすてたり、落書きをしたり、行列に割り込みをする」などの行為について、(現実に存在するからには)弁護するつもりはないと主張。その上で、「マナーの問題は2日や3日で育成できるものではない」として、「学習と向上の過程が必要」

国家観光局の「ブラックリスト」は、旅先で「非文明的行為」をした者に、「教訓を長く覚えさせる」と同時に「他の人に警告」する作用があり、中国人の「旅における民度向上」を加速する目的があるようです。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*