シネコンがらがら!「スター・ウォーズ」フォース覚醒せず!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スターウォーズ

大注目のハリウッド超大作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が12月18日18時30分に全世界同時公開となりました。

空前の規模での話題づくりもあって、前売り券は全国シネコンで完売するなど、「さすがスター・ウォーズ」と関係者をうならせました。

ところが、ふたを開けてみると、その興行に暗雲が立ち込めているという。

目 次
・三日目にして空席
・配給は強気
・上映回数が多すぎる
・起爆剤が不完全燃焼
スポンサードリンク

三日目にして空席

公開最初の日曜日である20日の予約にを見てみても、既に余裕ができてしまったのです。

この状況に映画雑の記者は、

「事前前売り以外の通常公開分のスケジュールが発表されても、予約が殺到すると思われました。ところが19・20日の予約数だけで比べても、特に地方や郊外では『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』に負けているシネコンも多数あります」

なんと、「妖怪ウォッチ」に負けているというのです。

 

配給は強気

今回の「スター・ウォーズ」は、興行主の自由ブッキング。

つまり「買いたかったら自由にどうぞ」というシステムになっています。

 

よくある大作映画の興行形態とでは、同地域でシネコンが複数乱立する場合は、ライバルのシネコンが洋画を大々的に公開するなら、うちはアニメで勝負など、各々できるだけ特色を出すのが観客動員争いを勝ち抜く術なのです。

 

ところが、『スター・ウォーズ』を恐れて他の大作が年末公開を回避してしまったために、シネコン側としては、上映する商品に手持ちがない状況です。

そうなると、配信側から『自由にどうぞ』と上から目線で言われても、どのシネコンも「スター・ウォーズ」を買わざるを得ません。

しかも、これほどの“大物”を買ったら、大々的に公開するしかありません。

ということで、どのシネコンに行っても、朝から晩まで「スター・ウォーズ」状態になってしまったわけです。

 

上映回数が多すぎる

ちなみに都内最大級のシネコンTOHOシネマズ新宿では、19日の土曜日にレイトショーも含め8スクリーンを駆使し52回も上映します。

スターウォーズ

スターウォーズ(TOHOシネマズ新宿)

この数字は尋常じゃない。

おかげで地方などでは予約がスッカラカンという状態になっているのです。

 

年の瀬に映画でも見に行こうかと楽しみに上映スケジュールを覗いてみたら、まるで上から目線の「スターウォーズ」だらけでは、ちょっとガッカリかな。

まあ、映画だけが娯楽ではないですから、他で楽しみを見つけるいい機会になります。

 

起爆剤が不完全燃焼

そもそも、シネマファンを呼び戻す期待の「スター・ウォーズ」でしたが、このまま内容の面白さが驚愕であったとかでない限り、とんだ外れくじを引かされたシネコンという結果にまります。

地上波でも、2夜連続などでこれまでの再放送を組んでいますが、この気温の高低差が慌ただしいなこを、わざわざ足を運んで映画館までいこうという動機付けにはならないので、いずれ地上波に流れるまでの楽しみにおいておこうかしら。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*