ボツリヌス無届運搬!熊本化血研!テロリストに狙われたら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ボツリヌス菌

国の承認とは異なる方法で血液製剤や動物用のワクチンを製造していたとされる熊本の製薬会社「化血研」で、新たな問題が発生しました。

細菌兵器にも使われる「ボツリヌス菌」を届け出なく運搬していたということです。

テロリストに奪われたらどうなったことでしょう。

オーム真理教も使用したボツリヌス菌とは、どんな細菌なのでしょうか。

目 次
・化血研の「ボツリヌス菌」
・ボツリヌス菌テロ
・感染時の症状
・感染経路
・どこにでもいるボツリヌス菌
・善玉ボツリヌス菌の効能
スポンサードリンク

化血研の「ボツリヌス菌」

熊本市にある製薬会社「化血研(化学及血清療法研究所)」が医薬品の原料で生物テロにも使われるおそれのあるボツリヌス毒素を運ぶ際に必要な届け出を怠っていたとして、厚生労働省は会社の本社に立ち入り検査に入りました。

「化血研」は食中毒の治療薬など医薬品の原材料に使われるボツリヌス毒素について、熊本県内の施設と施設の間を運ぶ際、法律で定められた届け出をしていなかったということです。

ボツリヌス毒素は生物テロに使用されるおそれがあるとして、0.1ミリグラム以上運ぶ際には県の公安委員会に届け出る必要がありますが、会社の内部調査で平成19年以降の8年間で届け出を怠っていたケースが4件確認されたということです。

会社によりますと、運搬中の紛失や盗難などはなかったということで、厚生労働省の立ち入り検査ではボツリヌス毒素の管理状況や運搬の記録などを調べているものとみられます。

 

ボツリヌス菌テロ

  • 新種のボツリヌス毒素が研究者によって発見。
    2ナノグラム(10億分の2グラム)で成人を死に至らしめ、スプーン1杯ぶん混ぜただけで全市の水供給が壊滅的打撃を受ける
  • オウム真理教団体によるボツリヌス菌の毒素を用いた生物兵器テロ未遂事件。
  • 掃除機から排出される空気中にボツリヌス菌を発見。
    掃除機は定期にたまったゴミを捨てないと、ボツリヌス菌をまき散らす事に。

 

感染時の症状

  • 感染するとそ8~36時間後に、吐き気嘔吐便秘などが。
  • 特徴的なのは全身の筋力が低下する脱力感けん怠感目眩
  • 発熱はなく、意識もしっかりしているが、治療が遅れると呼吸困難を引き起こして死亡する。
  • 乳児(1歳未満)は腸管内が未熟で抵抗力が低い
    なので、ボツリヌス菌に感染し、乳児ボツリヌス症を発症する危険がある。

 

感染経路

  • はちみつの中に『ボツリヌス菌』という菌が混入していることが多く、生のはちみつは乳児には与えないように注意が必要。
  • 自家製の海産物や、保存状態の悪い瓶詰からなど。
  • 海外みやげの真空パックされた魚のくん製や、酢漬け塩漬けは要注意。
  • からしレンコンや・オリーブのつけ込み液とオリーブの実からボツリヌス毒素が検出されて起きた食中毒もある。
  • 【対策】真空パック・缶詰が膨張、食品に異臭があるときは絶対に食べないこと。
  • 【対策】家庭で缶詰、真空パック、びん詰を作る場合は、原材料を十分に洗浄し、温度や保存方法に注意しないと危険

 

どこにでもいるボツリヌス菌

  • ボツリヌス菌は長時間煮沸しても死なず、致死率の高い恐ろしい細菌として知られている。
  • びん詰、缶詰など、酸素が含まれない食品中で増殖して強い毒素をつくる。
  • 土壌、海、湖の泥の中にもいる。

 

善玉ボツリヌス菌の効能

  • 脳出血の後遺症として多くを占める手足のまひ。
    その中で筋肉の緊張が緩まず、手足などが突っ張った状態になる症状に対し、ボツリヌス毒素を薬として使う治療法が浸透しつつある。
  • 表情ジワを無くしたり、エラの張りをなくし顔をすっきりさせたり、汗を抑える作用から多汗症の治療にも使用。
  • 食中毒の治療薬など医薬品の原材料に使われる。

 

ボツリヌス菌は、その性質から人の体に良い効能もあります。

また、どこにでも生息して、意識せずに摂取していることも多い最近です。

「化血研」の研究者としても、さほど危険性を感じなかったのだと思いますが、たとえ面倒でも、届けが必要なものはキチンと手続きをしてから運搬しなければいけません。

「これぐらい大丈夫」と思っていることが、後で、取り返しのきかないことになったりするのですから。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*