100万円持って万引き!転売して儲けたの?71歳女逮捕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スーパー

昔、入社した会社の社長さんがこんなこと言ってました。

「お金が貯まる(儲かる)秘訣知ってる?」

「それはね、お金を使わずに、商品を手に入れるか、お金のかからない商品を作るかなんだよ」・・・。

目 次
・財布に100万円持って万引き
・被害額3万8900円
・貧困高齢者と万引き
・複雑に絡み合う原因
スポンサードリンク

財布に100万円持って万引き

和歌山市小雑賀の大型ショッピングセンター「スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店」で、未精算の食料品を入れたカートを押して店外へ出る女が男性保安員に発見されました。

女が万引を認めたため、通報で駆け付けた和歌山県警和歌山東署員が窃盗容疑で現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは、同県有田市に住む無職の女(71)です。

 

被害額3万8900円

かごの中には、牛肉やみかんなど食料品ばかり計44点(計約3万8900円相当)が入っていた。

同署が確認したところ、女は財布に現金約100万円を所持していた。

調べに対し、女は「金を出すのがもったいなくてやった」と容疑を認めているという。

夫は「知りません」

女はこの日、夫と一緒に同店を訪れていたが、盗んだときに別の場所におり、夫は「(万引のことは)知らない」と話しているという。

 

44点で3万8900円ってすごいですね。

ところで、こんなスーパーで、一点平均単価が1000円近くになる買い物しますか?

どこかに持って行って、売るつもりだったのではないでしょうか。

そりゃ、100万円も貯まるでしょ!

 

スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店

スーパーオークワ

スーパーオークワMAP

  • 所在地:和歌山県和歌山市小雑賀805番地1
    TEL 073-433-6085
    FAX 073-433-6095
  • 店舗規模 敷地面積   54,000㎡(16,335坪)
    建物延床面積 15,970㎡( 4,831坪)
    直営売場面積   8,034㎡( 2,431坪)
    駐車台数 1,064台
  • 営業時間 9:00 ~ 24:00
    年間休日 なし
  • 年商予定 38億円
  • 従業員数 118人(社員28人、パート・アルバイト8H換算90人)

 

貧困高齢者と万引き

警察庁の統計(『平成25年の犯罪情勢』)によると、万引き検挙者のうち、65歳以上の割合は、04年の18.3%(2万667人)から13年には32・7%(2万7953人)に増加している。少年(14~19歳)が34・5%(3万8865人)から19・6%(1万6741人)に減ったのとは対照的。

NPO法人「全国万引犯罪防止機構」(東京都新宿区)は、全国の小売店における年間の万引き被害額は約4600億円と推計している。これは振り込め詐欺など特殊犯罪による被害額の10倍近い。

「時間や手間を取られることを嫌がり、被害届を出さない小売業者もあるから、被害額はもっと多いだろう。万引きは小売店にとって死活問題だ。『たかが万引き』という考えは改める必要がある。『万引きは犯罪』ということを強く認識してほしい」と福井昂(こう)事務局長は話す。

 

複雑に絡み合う原因

単身高齢者が急増するなか、誰にも頼れない「孤立」を背景に「将来の不安」「困窮」から万引きに手を染めるケースが目立ちます。

高齢者は寂しくて誰かにかまってほしいという要因が大きい。対症療法だけではだめで、根っこから直さないといけない」(NPO法人「全国万引犯罪防止機構」)

「高齢者による万引き増加の要因のひとつは、一人暮らしの高齢者が増えるなど家族の“形”が変わっているからだ。『孤立』が犯罪の要因になっているのだろう。家族にも近所の人にも関心を持ってもらえない、認めてもらえないとなると、犯罪に対する抑止力は低くならざるを得ない」(帝塚山大学心理学部の花田百造准教授:犯罪心理学)

65歳以上の単独世帯は増えている。『高齢社会白書』(平成27年版、内閣府)によると、「高齢者のみの一人暮らし」の世帯は、1980年の91万世帯(全体の10・7%)から13年には573万世帯(同25・6%)に増えている。

「自分の『存在意義』を感じられるように、何か『役割』を与えるのがいいでしょう。たとえば、孫に地元の野菜や果物を送るといった役回りをそれとなく頼む。(孫が)受け取ったら感謝の気持ちを伝える。すると、高齢者は『自分は必要とされている』と思い、万引きに走るといったことはなくなるのではないか」(花田百造准教授)

 

まとめ

今回の事件は、高齢者の貧困とは関係のないところで起こったと思われますが、原因が貧困でないだけに奥が深いです。

持っていた100万円も、今まで万引きで暮らしてきて、使わずに貯めた年金だったりする可能性も高いわけで、迷惑を顧みない身勝手さが際立っています。

 

財布に100万円も持って買い物に行けるのであれば、年金の支給をする必要があるのかといった疑問がわきます。

年金という制度はやめて、預金や収入がなくなってはじめて申請して支給される、生活保護的ベーシックインカム様な仕組みに改めてもいいのではないかと思います。

また、若い人達にも、この、ベーシックインカムを適応してほしいです。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*