40万円ネックレス強盗!原価はいくら?店主を足蹴に逃走!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
喜平チェーン・ネックレス

高齢の店主の店を狙った強盗か?

クリスマスイブの24日、東京・葛飾区の貴金属店にプレゼントを買いに来たという若い男が、ネックレスを奪って逃げる事件がおきました。

店内に防犯カメラが設置されていなかったようで、周到に下見して計画的に狙った可能性が高いと思われます。

目 次
・プレゼント買いに来た
・周到に準備
・金のネックレス
・原価はどのぐらい?
・金の純度
スポンサードリンク

プレゼント買いに来た

警視庁によると24日午後3時15分頃、葛飾区の京成青砥駅前の貴金属店に、若い男が「彼女にプレゼントを買いに来た」と訪れました。

74歳の女性店員がショーウインドーから40万円相当の金のネックレスを取り出して見せると、男はそれを身につけて逃走した。

服をつかんで止めようとした女性店員は足蹴(あしげ)にされ、倒れて腰などを打ったという。

逃げた男は、

  • 20代くらい
  • 身長およそ170センチ
  • 灰色のジャンパー姿

警視庁では強盗事件として周囲の防犯カメラの映像を分析するなどし、逃げた車の行方を追っています。

 

周到に準備

報道を見ると、店主が74歳しか登場しませんが、店には1人しかいなかったのでしょうか。

防犯カメラが設置されていれば犯人の顔などの情報が流れてもいいのでしょうけれど、近隣の防犯カメラから犯人を割り出すということは、店内にはカメラが設置されていなかったのでしょうか。

これだけ条件が揃うということは、犯人は、事前に周到に下見して、この店を襲うことを計画していたと考えるのが妥当です。

計画犯罪は、罪が重くなりますね。

ちなみに、店構えは、しっかりしていますよ。

ネックレス強盗(ICHINAO)

ネックレス強盗(ICHINAO)by NNN

 

金のネックレス

40万円の金のネックレスと聞いて、探してみると、「喜平チェーン・ネックレス」とかがヒットしました。

イメージとしては、こんな感じです。

ネックレス

ネックレス

  • 【素材】
    K18/ゴールド 造幣局検定マーク(ホールマーク)
  • 【総重量】
    80g
  • 【サイズ 60cm】
    長さ:約60cm
    幅 :約7.1mm
    厚み:約2.8mm
    金具:中折れ
  • 【付属品】
    ネックレスケース
  • 【その他】
    新品、当店保証書付

このネックレスの値段は、396,208円(税込)

この商品はESPOIR(http://store.shopping.yahoo.co.jp/espoir2006/)さんで売っていました。

欲しい方はどうぞ、、。

 

原価はどのぐらい?

上のネックレスを例に原価を計算してみると、

  • 商品価格:80gで396,208円
  • 18Kの純度は(18/24)≒74.5%ぐらい

儲けは、366,860円(税抜) - 80g×74.5%×4500円 =98,660円

ここから、残りの重量分の金属の原価を引くと、原価率はもう少し高くなります。

 

つまり、盗まれた40万円のネックレスは、原価が最低でも30万円ぐらいしたということです。

これを盗まれたんじゃ、ちょっときついです。

 

宝石などの原価は?

原価の話がでましたので、宝石についても調べてみました。

Q.
宝石の原価
結婚指輪とか、原価はどれくらいなのでしょうか?
例えば、30万の指輪は・・5万円くらい?

A.
ダイヤモンドで10~30%、プラチナ(Pt900)などで10~40%くらいではないでしょうか。
ティファニーと御徒町では圧倒的に御徒町の原価率が高いです。
ゼクシーに載っているオリジナルマリッジリングのチタンなどは、原価率は5%もありません。ほとんどが加工料、デザイン料、儲けなのです。

(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10121369075)

こんなに幅があると、本当の価値がわかりません。

宝飾品原価幅の秘密

金やプラチナの相場は、ネットでもいろいろと出ていますが、加工にどのぐらいの手間をかけているかによって、値段は違ってきます。

材料費は、金価格の相場を見ればいいのです。

が、磨きにどのぐらいの技術を掛けているかで商品の値段は変わってきます。

以下は、銀の場合ですが、抜粋しました。

ティファニーの原価は三百円!!

「著書抜粋」
ティファニーのオープンハート・ペンダントが店頭で買えば2万円はします……銀地金に換算すればわずか数十円……加工料込みでも原価はせいぜい3百円なのです。

『著書へ物申す』
原材料費の銀(純度925/1000)は、この本の発行日(2006/12/14)の価格で1g当たり50円位です。ペンダントの重さも1gではないので、(原価は)数十円ではありません。
著者はジュエリーを実際に製作されているということですのでお分かりでしょうが、出来上がり重量の何倍もの銀を使って作るわけで、専門用語で言うところの「押しがね」「落ちがね」がいります。それらは精製にまわされますが、銀は精製回収の費用の率が金よりも高いため、材料費は更に高くなります。
また、加工代は、安物のアクセサリー程度の仕上げなら200円ということはあるかも知れません(アクセサリー業者さん、もっと高かったらごめんなさい)が、細部にわたってきちんと仕上げた場合、ずっと高くなります。
ティファニーの研磨技術など、どのようにやっているかと想像すらできないほどの仕上げの良さで、いくら銀だといってもここまで手間ひまをかけ、最先端の技術で研磨しているのかと感心させられます。
「仮にコピー商品を作ろうとした場合」という前提を付けて逃げを売っていますが、加工料込みで300円という書き方は悪意に満ちていると言われても反論できないのではないでしょうか?

 

金の純度

また、金(GOLR)に関しては、

22K・18K・14K・9Kなどがありますが、これは、24Kが純度100%の金ですので、金の含有量は、

  • 22K:(22/24)%≒91.66%
  • 18K:(18/24)%≒75%
  • 14K:(14/24)%≒58.33%
  • 9K:(9/24)%≒37.5%

ということになります。

 

まとめ

つまり、

  • 貴金属加工による装飾品は実際の商品重量よりも多くの地金をもとに作られていて、削り落とした地金は精製回収に回され、そこでも費用が掛かる。
    →商品重量以上に材料費が掛かっている。
  • ブランド(上記はティファニー)によっていろいろだが、その研磨技術は凄い。
    →デザインの段階での精錬技術量が掛かる。
  • 商品の強度を出すために金の含有量は100%ではない。
    →18K・14K・9Kなど

などが原価要因になります。

この度、盗まれたネックレスは、機械で成形する商品の部類だと思いますので、金以外の含有金属分が粗利になるのだと思われます。

店にしては痛いですね、保険掛けてたのかな、、。

 

いずれにせよ、店主を蹴って、ネックレスを強奪するのはいかんですし、プレゼントするにしても自分で使うにしても、怨念がこもったままですよ。

売却して手に入れたお金も、悪銭身につかずですよ。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*