グラミー賞のナタリー・コールさん死去!C型肝炎!65歳!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ナタリーコール

グラミー賞など数々の賞も受賞した歌手のナタリー・コールさんが、先月31日、入院していたロサンゼルスの病院で亡くなりました。

65歳でした。

ナタリーさんはアメリカの伝説的なジャズボーカリスト、ナット・キング・コールの娘で、若くしてグラミー賞を受賞、しかし、一度は人生のどん底を経験します。

目 次
・ナット・キング・コールの娘として
・滑落と復活
・ナット・キングの忘れ形見
・動画「アンフォゲッタブル」
スポンサードリンク

ナット・キング・コールの娘として

ナタリー・コールさんは、アメリカの伝説的なジャズボーカリストのナット・キング・コールの娘として1950年にロサンゼルスで生まれました。

偉大な歌手だった父と幼い頃から音楽活動をともにしたコールさんは、デビューアルバムの中の1曲「ディス・ウィル・ビー」がヒットし、26歳の時にグラミー賞の最優秀新人賞などを受賞しました。

 

滑落と復活

R&Bの歌手としてデビューしたコールさんはジャズにも取り組むなど、音楽の幅を広げていきますが、80年代に入ると薬物やアルコールに依存するようになり、断続的に活動を休止します。

 

1977年には全米総合チャート5位、R&B部門1位に輝いた「I’ve Got Love On My Mind」等のヒットを飛ばしてから数年でセールスが落ち込んだことが原因と言われています。

 

そこから、様々な葛藤を乗り越えて、1988年に「ピンク・キャデラック」のヒットで復活します。

そして、1991年に発表した「アンフォゲッタブル」では、亡き父が残した歌声の音源を使用して、父との「共演」を果たしたことが大きな話題を呼び、グラミー賞の最優秀レコード賞など6部門を受賞しました。

偉大なる父の姿が、墜ちた人生から這い上がる心の支えとなったのでしょう。

 

ナット・キング・コールの忘れ形見

コールさんは2008年にC型肝炎にかかったことを明らかにし、その後、腎臓移植を受けるなどして治療を続けていましたが、先月31日午後、入院していたロサンゼルスの病院で65歳で亡くなりました。

ナット・キング・コールの忘れ形見グラミー賞ナタリー・コールです。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*