アメフトライスボウル!誤審が勝敗を左右!パナ優勝・立命涙!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アメフト2016

東京ドームで行われたアメリカンフットボールの日本一を決める「ライスボウル」で、試合終了間際に守備側のパナソニックが犯した反則を見落としていたと発表。

ファンからの指摘を受けた日本協会が動画などを検証した結果、パナソニックの反則を見落としていたことがわかりました。

パナソニックはそのまま逃げきり、優勝しました。

目 次
・反則見落とし
・結果、覆らず
・アメフトルールブック
スポンサードリンク

反則見落とし

3日に行われたライスボウルでは、社会人代表のパナソニックが学生代表の立命館大に22対19で勝って、松下電工のとき以来8年ぶり4回目の優勝を果たしました。

日本協会によりますと、試合終了間際の残り7秒で3点を追う立命館大が同点を狙ったフィールドゴールに失敗した場面で、守備側のパナソニックが1人多い12人がプレーに参加していましたが、審判はこの反則を見落としていたということです。

ファンからの指摘を受けた日本協会が動画などを検証した結果、パナソニックの反則を見落としていたと発表しました。

 

結果、覆らず

ただし、公式規則に従って、試合結果は変わりません

反則が適用されていれば立命館大は5ヤード前進して攻撃のやり直しとなり、再びフィールドゴールを狙うことも可能で、勝敗を左右しかねない誤審でした。

「重要な試合で、反則の見落としが発生したことを深くおわび申し上げます。原因究明と再発防止に努めます」(日本協会の淺田豊久会長)

 

アメフトルールブック

公式規則を読んでみましたが、ボリュームが半端なくて、どこに結果が変わりませんと書いてあるのかわかりませんでした。

アメフトのルールブックはこちら、

アメフト公式規則

公式規則書(2015~2016年度版)協会HP

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*