国内6000ヶ所!防犯カメラ映像が覗き見閲覧されている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
防犯カメラ映像HP2

日本国内6161か所の防犯カメラがインターネットに接続されて、海外サイトから閲覧できる状態になっていることがわかりました。

中には、学校の教室や歯医者の治療室までが、簡単に覗き見されています。

早急なセキュリティー対策が求められています。

目 次
・国内6161ヶ所が閲覧可
・様々な場所で
・今すぐセキュリティーチェックを
スポンサードリンク

国内6161ヶ所が閲覧可

街頭や屋内のさまざまな場所に設置されている防犯カメラの映像がインターネットの海外のサイトで、いつでも閲覧可能になっているものがあるということが分かりました。

その数は日本国内のものだけで、6161ヶ所、世界全体ではおよそ2万8000か所に及びます。

防犯カメラ映像HP

http://www.insecam.org/

 

様々な場所で

さまざまな防犯カメラの中継映像が、海外のサイトで、いつでものぞき見ができる状態です。

  • 街頭
  • オフィス
  • 飲食店内

など、至る所です。

防犯カメラ映像HP2

海外school(モザイク加工済み)

防犯カメラ映像HP3

国内コンビニエンスストア(モザイク加工済み)

防犯カメラ映像HP4

海外歯科医(モザイク加工済み)

 

他にも、

  • 理容店の店内に設置されたカメラの映像は、画面が4分割され、散髪中の客の姿がはっきりと映っています。店の入り口に敷かれたマットには「カットショップ」という文字とともに、店名が記されています。
  • 東京都内の老人ホームとみられる施設の映像には、お年寄りたちが食堂のテーブルについて食事をしている様子が。一人一人の顔まで識別できる状態となっています。
  • 都内の歯科クリニックとみられる映像では、室内が奥まで映っていて、患者があおむけになって口を開けている様子が分かります。

 

今すぐセキュリティーチェックを

パスワードの設定確認を 情報セキュリティーの専門家によりますと、防犯カメラの映像は、所有者がインターネット経由で別の場所で見られるようにしていることが多く、通常はパスワードを適切に設定していれば、第三者に勝手にのぞき見られるおそれはないということです。

しかし、映像の流出が起きているケースでは、

  • カメラのパスワードが簡単な初期設定のままになっている可能性がある。
  • パスワードが適切に設定されていなかったりしている可能性がある。

専門家は、パスワードの設定が適切か確認するよう注意を呼びかけています

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*