高速ジェットが鯨と衝突!東海汽船!熱海~伊豆大島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鯨

伊豆大島へ向かう高速ジェット船が、鯨と衝突して漂流しているとの連絡が海上保安庁にはいりました。

船には乗客・乗員74人が乗っていましたが、けがなどははないです。

現場海域はクジラが多い海域で、時速約70キロ以下に減速して航行していたようです。

目 次
・高速ジェットが鯨に衝突
・鯨はひん死か
・ツイッター映像
スポンサードリンク

高速ジェットが鯨に衝突

6日午前8時50分ごろ、静岡県の熱海港を出発して伊東港を経由し、伊豆大島に向かっていた東海汽船の高速ジェット船「セブンアイランド友」が、伊豆大島の北西、およそ13キロの沖合で、クジラとみられる物体に衝突しました。

乗客乗員合わせて74人にけがはないということですが、高速船は、船首などが壊れたほか、エンジンをかけることができず動けない状態だということです。

また、船酔いなどで気分が悪くなった人がいるため、現場に到着した巡視船に乗せ替える作業が続けられていて、このあと動けなくなっている高速船を会社が用意したタグボートで近くの港にえい航する予定だということです。

7名が巡視艇で伊東港へ

静岡県伊東市の伊東港には、正午すぎ、衝突事故のあと気分が悪くなった乗客7人を乗せた海上保安部の巡視艇が到着しました。

乗客は船着き場に降り立つと、海上保安部や高速船の会社の担当者に付き添われて港にある会社の事務所に移動していました。

乗客の声

「突然吹き飛ばされてびっくりしました。石にぶつかって乗り上げたような感じでした。
外には大きな尾びれがみえ、しばらくしたら乗員がクジラと衝突したので待つよう説明していました」
(神奈川県茅ヶ崎市の22歳の男性)

「うとうとしていた時に衝撃がありはっとしました」
(伊東市の女性)

クジラの生態

クジラの生態に詳しい国立科学博物館の田島木綿子研究員は、乗客が撮影した写真を見たうえで、

「現場付近は大型のクジラが生息する海域で、頭部の形や体の色から高速船が衝突したのはマッコウクジラと考えられる。クジラは息継ぎをする際に水面に上がってくるため船と衝突することがある」

と話しています。

 

鯨はひん死

ツイッターの映像を見る限りでは、鯨はかなり出血しているようです。

 

乗員乗客は落ち着いている様子

乗員・乗客は全員救命胴衣を着用して、船の上階に集合しています。

電気系統ダウン 船内一部区画浸水 どこかで油漏れ 怪我人ゼロ????

安心してください僕は生きています。

冗談が配信できるほどの様子かな。。

よかった、よかった。

 

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*