川崎老人ホーム転落死!Sアミーユ川崎幸町!夜勤職員逮捕!今井隼人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
介護保険

おととし川崎市の老人ホームで3人の入居者が相次いでベランダから転落して死亡した事件で、当時職員だった23歳の男が殺人の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、転落死が起きた施設の元職員で、横浜市に住む今井隼人容疑者(23)です。

男は「男性を投げ落としたのは間違いない」などと容疑を認めているということです。

目 次
・夜勤職員が逮捕
・第一発見者を装い
・逮捕前「何も知らない」
スポンサードリンク

夜勤職員が逮捕

川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」では、おととし11月に87歳の男性が4階のベランダから、翌月の12月には86歳と96歳の女性2人がそれぞれ4階と6階のベランダから相次いで転落して死亡しました。

警察は2か月の間に同じ施設で転落死が3件相次いだことや、3人がいずれも高齢で高さが1メートル20センチあるベランダの手すりを自力で乗り越えることが難しいことなどから事件の疑いもあるとみて捜査していました。

部屋に防犯カメラなどはなく、警察が転落死が起きた時間帯に勤務していた職員を確認したところ、今井容疑者1人がいずれの日も夜勤の勤務をしていたことが分かったということです。

今井容疑者は去年5月、入所者の現金を盗んだ疑いで逮捕・起訴され、施設を解雇されていました。

警察は先月下旬以降、今井容疑者から事情を聴き始め、15日、調べに対して3人のうち87歳の男性をベランダから落としたことを認めたということで、今井容疑者がこの男性を殺害した疑いが強まったとして殺人の疑いで逮捕しました。

 

第一発見者を装い

調べに対して、「ベランダから投げ落としたのは間違いない」などと供述し、「殺害するつもりだった」という趣旨の供述をしているということです。

警察によりますと、今井容疑者は丑澤さんが転落して死亡した際、第1発見者として「庭に男性が倒れている」と施設の関係者に伝えていました。

捜査関係者によりますと、今井容疑者はほかの2人についても殺害を認めているということで、警察は連続殺人の疑いがあるとみて事件のいきさつや動機などを詳しく調べることにしています。

 

逮捕前「何も知らない」

去年9月に取材した際、今井容疑者は「当時、自分が当直していたことは事実で、自分が疑われているのは分かっているが、何も知らない」などと述べ、事件への関与を否定していました。

また、3人が死亡したことについて「本当に残念ですし、介護職員として、当時、自分が関わっていたので非常に悲しいです」などと話していました。

 

(関連記事)虐待老人ホーム!職員たちは知っている!川崎有料老人ホーム!

(関連記事)豊中老人ホーム!高齢者虐待!運営会社「メッセージ」検査へ!

(関連記事)川崎市有料老人ホーム!事故680件未報告!処分・勧告!

(関連記事)Sアミーユ川崎幸町!問題続発!大腿骨骨折後対応!不手際?

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*