【失言】黒人奴隷を大統領にするダイナミックなアメリカ!丸山和也参議院議員!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
丸山議員

自民党はどうなってしまったのでしょうか。

「日本はアメリカの51番目の州」「アメリカ大統領は黒人・奴隷」

若手議員の失言や行動に問題があるとバッシングされ、『襟を正す』といった矢先にアメリカ大統領への侮辱ともとれる発言がありました。

目 次
・参議院の憲法審査会の丸山和也議員
・黒人、奴隷が大統領になるなんて
・誤解を与える発言
スポンサードリンク

参議院の憲法審査会の丸山和也議員

17日に開かれた参議院の憲法審査会では、「二院制」の在り方をテーマに、2人の学識経験者を参考人として招いて質疑が行われました。

この中で、自民党の丸山和也参議院議員は、

「例えば、日本がですよ、アメリカの第51番目の州になるということについてですね、例えばですよ、憲法上どのような問題があるのかないのか。
例えばですね、そうするとですね、例えば集団的自衛権、安保条約って、これ全く問題ならないですね。
『日本州』の出身がアメリカの大統領になる可能性が出てくるということなんですよ。
ということは、世界の中心で行動できる日本という・・・まぁ日本とはそのとき言わないんですけど、これは有り得るということなんですね、バカみたいな話すると思われるかもしれませんが」

「日本がアメリカの51番目の州になれば、集団的自衛権や安全保障条約は、全く問題にならないし、拉致問題もおそらく起こっていない。日本の借金問題も行政監視の効かないような、ずたずたの状態には絶対になっていない。アメリカの51番目の州になることについて憲法上、どんな問題があるのか」

と発言しました。

確かに、アメリカの借金については、行政監視が厳しく見習うべき点はあろうかと思いますが、「51番目の週になることについて、憲法上どんな問題があるのか」とは、独立国としての地位を放棄するおつもりなのでしょうか。

 

黒人、奴隷が大統領になるなんて

続いて、丸山氏は、

「例えば、今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。これは奴隷ですよ。はっきり言って。アメリカの建国、あるいは当初の時代に奴隷がアメリカの大統領になるようなことは考えもしない。これだけダイナミックな変革をしていく国なんですよね」

とも発言しました。

丸山氏は、審査会のあと、記者会見し、「誤解を与える発言をして申し訳ない」と謝罪したうえで、発言を精査し、必要があれば議事録の削除や修正をしたいという考えを示したそうですが、例え方が悪すぎ、ですね。

 

誤解を与える発言

まったく、ラジオで聞いていて耳を疑いました。

アメリカの大統領選で、敵対候補からの粗ぶれた発言でもあったのかなとボリュームを上げてみたら、日本の国会議員による発言だったとは、しかも、自民党の丸山和也参議院議員です。

発言の真意を、よく読むと、

「アメリカの良いところももっと見習ってやったらいいじゃないかと感じてもらうために言った」

ということですが、アメリカとしても、ほめ言葉としてとらえるには無理があります。

夏の参院選では、出馬、どうされるのでしょうか。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*