アメリカIT企業vs司法当局!アップル指紋認証解除を拒否!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
iphone

アップルとアメリカ司法省が激しく対立しています。

アメリカで去年起きたテロ事件の容疑者のスマートフォンを巡り、ロック機能を解除して捜査に協力するよう求めた裁判所の命令を、製造元のアップルが拒否する考えを示したことが端を発しています。

ハッキングを助長する技術流出を強要する政府に、IT業界から反発も出ています。

目 次
・デジタル捜査に頼るツケ
・パスワード間違えるとデータ自動消去
・なぜアップルは協力拒否するのか
・政府のハッキングを許すな
スポンサードリンク

デジタル捜査に頼るツケ

  • カリフォルニア州のサンバーナディーノで去年12月、容疑者2人が銃を乱射して14人が死亡したテロ事件で、FBI=連邦捜査局は死亡した容疑者のスマートフォンの解析を試みるも、ロック機能を解除できず。
  • FBIを管轄する司法省は裁判所を通じて、製造元のアップルに対してロック機能の解除に協力するよう命令、アップルは拒否。
  • これを受けて司法省は、裁判所に対して、協力を促すようアップルに強く命じることを改めて求める。
  • 要請では「アップルは、技術的にはロックを解除できるのに、ビジネス上のイメージを気にして協力することを拒んでいる」と強く批判していて、あくまでも個人情報を守るとするIT企業と、司法当局の激しい対立が注目を集めています。

アップルに対するイメージダウンを狙った政府のコメントだろうけれども、政府機関の技術力が及ばないことを露呈しました。

盗聴やハッキングなのに頼った安易な操作に慣れた捜査機関が、どれほど国民のプライバシーを侵害していたかを自ら語っているような感があります。

かつては政府機関に流れていた優秀な人材も、アップルやグーグルなどの開放的な民間に働き口を求めるようになったところは、アメリカらしくて頷けます。

 

パスワード間違えるとデータ自動消去

  • iPhoneはロック機能を設定して、パスワードを繰り返し間違えると一定時間入力できない状態になります。
  • 情報を他人に見られないようにするため、10回間違えると端末に保存されているすべてのデータが自動的に消去される設定にすることもできます。
  • パスワードに対しては、コンピューターを使って膨大な数字の組み合わせを試して解読するという方法もありますが、今回のテロ事件の容疑者は、データが消去される設定をしていた可能性があるため、この方法を使うこともできません。
  • このためFBIは、間違ったパスワードを何度入力してもロックがかからず、データも消去されない特殊なソフトウエアを開発して捜査に協力するよう求めています。

このようなソフトを提供してしまえば、iphoneのセキュリティー解除に秘密裏に利用される可能性があります。

これらの解除技術は、アメリカの通信傍受システム「エシュロン」「プリズム」などに組み込まれれば、民間の通信傍受が簡単に行われるでしょう。

デジタルな操作に甘んじてきたツケが、民間技術が高度化することで、政府の対応も後手にまわることになったようです。

 

なぜアップルは協力拒否するのか

アップルが、司法当局が求めるロック機能の解除への協力に強く反発している背景には、顧客の個人情報を徹底的に守る一貫した姿勢を示すことで、ブランドのイメージを守りたいねらいがあるものとみられます。

最近のスマートフォンは、クレジットカードの情報をもとに端末だけで買い物ができたり、個人の健康状態を記録できたりするなど、機能の高度化によって取り扱う個人情報の範囲が急速に広がっています。

このためアップルは、ロック機能を指紋で解除する機能を新たに加えるなど、万全なセキュリティー対策を行っていることを売りの1つとして販売を伸ばしてきました。

iPhoneはアップルの売上高の70%近くを占める最も重要な製品で、最近は日本やアメリカでの販売は鈍化していますが、中国での好調な販売が業績を下支えしています。

 

政府のハッキングを許すな

アメリカのIT企業は解除を拒否しているアップルの対応を支持しています。

グーグルはツイッターに、「ハッキングが可能な状態にするよう企業側に強制することは、利用者のプライバシーを危険にさらすことになる」と投稿し、アップルの対応を支持しました。

また、ツイッターのジャック・ドーシーCEOも、「アップルを支持する。解除を拒否しているアップルのティム・クックCEOのリーダーシップに感謝している」と投稿しました。

フェイスブックも声明を出し、「会社のセキュリティーを弱める要求に対しては断固戦う。安全を確保しようとする企業の努力を妨げるもので、恐ろしい前例になる」としてロック機能の解除に協力を求める司法当局を厳しく批判し、IT企業と司法当局の対立が鮮明になっています。(NHK)

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*