ジカ熱感染!川崎市10代男子!媒介蚊・性交渉でも感染!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ジカ熱

ブラジルから帰国し、発熱や発疹などの症状を訴えていた、川崎市の10代の男性が、ジカ熱に感染していることが確認されました。

男性は今月20日までブラジルに滞在していたということで、国立感染症研究所で男性の血液から検体を採取してウイルスの遺伝子を調べたところ、感染が確認されたということです。

中南米を中心に流行が始まった去年以降、国内で患者が確認されたのは初めてで、厚生労働省は感染経路の特定を進めています。

目 次
・邦人のジカ熱感染確認
・ブラジル渡航歴あり
・感染のリスクは
・ジカ熱に感染すると
・媒介は『蚊』
スポンサードリンク

邦人のジカ熱感染確認

25日、川崎市に住む10代の男性が発熱や発疹などの症状を訴えて県内の医療機関を受診しました。

ジカ熱は蚊が媒介する感染症で、発症すると発熱や頭痛、発疹などの症状が1週間程度続きます。

容体は落ち着いていて、自宅で療養しているということです。

 

ブラジル渡航歴あり

男性は今月20日までブラジルに滞在していたということで、国立感染症研究所で男性の血液から検体を採取してウイルスの遺伝子を調べたところ、感染が確認されたということです。

日本国内では3年前に、当時ジカ熱が流行していたフランス領ポリネシアから帰国した27歳の男性が発症するなど、これまで渡航歴のある3人の男女の感染が確認されていますが、国内で感染した例はありません。

ブラジルなどの中南米で流行が始まった去年以降、確認されたのは初めてです。

 

感染のリスクは

「国内で患者が見つかったとしても、今はウイルスを媒介する蚊が活動していないため、感染が広がるリスクは非常に低い。冷静に対応することが必要だと思う」
(感染症の問題に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長)

専門家は、仮に流行地で感染した人が帰国したとしても、国内では冬の時期、蚊は活動していないため、感染が広がる可能性は低いと指摘しています。

 

ジカ熱に感染すると

ジカ熱は、「ジカウイルス」を持つ蚊に刺されることで発症する、ウイルス性の感染症です。

感染すると、3日から12日間ほどの潜伏期間のあと、発熱や頭痛、それに関節痛などの症状を引き起こします。

ワクチンや特効薬はなく、対症療法が中心となりますが、同じように蚊がウイルスを媒介する「デング熱」と比べると、比較的症状は軽く、多くの場合、1週間ほどで回復します。

また、感染しても、実際に症状が出る人は4人に1人程度という報告もあります。

 

媒介は『蚊』

ウイルスを媒介するのは主に熱帯や亜熱帯に生息する「ネッタイシマカ」や、日本にも生息する「ヒトスジシマカ」です。

一方で、ジカ熱は、患者の血液からウイルスを検出できる期間が僅か数日なことや、ほかの蚊を媒介とする感染症と症状が似通っていて、区別が難しいため、正確な患者数を把握するのは難しいのが実態です。

性交渉による感染

アメリカのCDC=疾病対策センターは、23日、アメリカ国内で性交渉によってジカウイルスに感染した可能性がある患者が14人報告されたと発表しました。

患者はすべて女性で、ジカ熱の症状を訴えていて、これまでに2人の体内からはウイルスが検出されたということです。また、14人のうち数人は妊娠中です。

14人は、いずれも本人ではなく、パートナーの男性が感染が報告された地域への渡航歴があり、ジカ熱の症状があらわれたということです。

 

予防方法

一方で、流行地に渡航する場合は、蚊に刺されないよう、皮膚を露出しないように長袖を着ることや、虫よけのスプレーの使用、それに蚊帳の中で寝るなどの対策を徹底することが必要だとしています。

ジカ熱の感染がブラジルなど中南米で広がっていることを受けて、厚生労働省は今月、ジカ熱をデング熱や日本脳炎と同様に「四類感染症」に位置づけ、全国の医療機関に対して、患者を診察した場合、保健所を通じて国に届け出るよう義務づけました。

また、空港の検疫所で中南米から帰国した人などを対象に、サーモグラフィと呼ばれる特殊な機器を使って体温を調べ、水際での対策を強化したほか、検査キットを全国の都道府県の衛生研究所に配布しています。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*