【動画】北海道新幹線!一番列車の切符は25秒で完売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
H-7系:北海道新幹線

来月26日に開業する北海道新幹線の開業日の切符が、26日午前10時から全国で一斉に発売されました。

新函館北斗発の1番列車は、およそ25秒で完売、東京を午前6時32分に出る下りの1番列車「はやぶさ1号」は、およそ30秒でそれぞれ完売したということです。

目 次
・切符求め徹夜組も
・北海道新幹線、時速260キロ
・安全対策は万全?
スポンサードリンク

切符求め徹夜組も

北海道新幹線は、来月26日の開業までちょうど1か月となる26日、開業日の32本の列車の切符が全国一斉に発売され、JR札幌駅では、徹夜組を含めおよそ20人の鉄道ファンなどが列を作りました。

JR北海道によりますと、新函館北斗を午前6時35分に出る上りの1番列車「はやぶさ10号」は、およそ25秒で、東京を午前6時32分に出る下りの1番列車「はやぶさ1号」は、およそ30秒でそれぞれ完売したということです。

札幌駅で25日夜から並び、上りの1番列車の切符を買うことができた札幌市の32歳の会社員の男性は、

「新幹線に乗って青函トンネルを最初にくぐるという子どものころからの夢が実現できてうれしい。家族と一緒に楽しい旅行にしたいです」

と涙ながらに話していました。

 

北海道新幹線、時速260キロ

 

安全対策は万全?

北海道新幹線は、東京と新函館北斗の間を最速4時間2分で結びます。

その、時間の短縮に最も貢献するのが世界最長の海底トンネルです。

2月9日に行われた訓練で派生した人為ミスによる停電など、不測の事態に対応するときに、間違った操作によって事態を複雑にしてしまう懸念も拭いきれないままの発信となりました。

 

多くのシステムがコンピューターや機械で制御されているため、緊急時の操作が複雑になっている現状は容易に想像できます。

それでも、担当部局の職員が、全ての緊急事態に対して、どのような手順で対応するのかを身体で覚えるまで訓練しなければならないと思います。

この度のトラブルをみても、人為的なミスであったことは、後の考察で判明したことで、似たような事故が発生して、避難を要する案件が発生した時、安全に全ての手順を行なえるのか不安です。

便利になることは歓迎ですが、人間が付いていけないほどの進歩は、いざという時に惨事を把握できないいわゆる『想定外』を容認してしまう言い訳にされてしまうのではないでしょうか。

【参照】http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2016/02/0210.html

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*