Google自動運転車!過失事故!自動ブレーキ義務化の行方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Google

米Google社の自動運転車両が、公道で初の過失事故を起こしました。

日本国内では、政府が自動車の自動ブレーキを義務化することや、自動走行の実用化に向けて、運転者の義務や責任分担の在り方を検討していくことになりましたが、米Google社の事故処理の行方が今後、自動運転の安全性を巡る議論に影響を与えそうです。 

スポンサードリンク

米Google自動運転車両の公道事故

アメリカのIT企業グーグルが開発している自動運転の車が、先月、カリフォルニア州の公道で試験走行中にバスと接触事故を起こしました。

グーグルの本社の近くの公道で交差点を右折しようとしたグーグルの自動運転車が、路肩に置かれた砂袋を検知しよけようと左に進んだところ、後ろから走ってきた路線バスの側面に接触しました。

グーグルの車には、万一の場合に備えて運転手が乗っていましたが、搭乗していた Google の技術者はバスの接近を確認していたものの、自動運転モードのまま走行を続けさせ、バスに接触してしまいました。

「バスが停まってくれると思った」とは Google 技術者の弁。一方、自動運転車のシステムがどのようにプログラムされていたのかはわかりませんが、ルーフ上の360度レーダーが後方不注視だったはずもありません。

もしシステムが、後ろから接近する車の前に鼻先をねじ込めば相手が停まってくれると思い込んでいたのであれば、いわゆる “だろう運転” の典型が発生したと言えます。

グーグルの自動運転車が関係する事故はこれまでも起きていますが、自動運転車の側に過失のあるケースは初めてとみられます。

 

自動運転の改良に努める

今回の事故についてグーグルは、一定の過失があったことを認める一方、事故を検証し、自動運転技術の改良に努めていくとしています。

Google はこの事故を受けてすでにバスなど大型車両の挙動に対して、より注意するよう AI プログラムを調整したと発表しています。

ただ、Google の自動運転車は、法定速度よりはるかに低速で走行して渋滞を引き起こす例が相次いでおり、2015年11月には警察による事情聴取と注意を受けるに至っています。

しかし Google は「法定速度以下だから違反にはならない」としてこれを聞きいれていません。

こうした対応も、周りのドライバーからすれば迷惑かつ危険な行為であり、Google が主張する「もらい事故ばかり」の一因かもしれません。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「未分類」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す

*