福士加代子!リオ五輪内定か?名古屋ウィメンズ取りやめ発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
福士佳代子

女子マラソンの福士加代子が、13日に開催される予定のリオデジャネイロ五輪最後の選考会『名古屋ウィメンズ』の出場について、大会実行委員会が出場取りやめを発表しました。

リオ五輪への内定の確定がなかったことから、最終選考会の名古屋への出場を表明していました。

目 次
・大阪国際女子マラソン優勝
・駆け引きは福士に軍配か?
・不明瞭な内定基準
スポンサードリンク

大阪国際女子マラソン優勝

福士は1月の大阪国際女子マラソンで日本陸連の定めた派遣設定記録2時間22分30秒を突破する2時間22分17秒をマークし圧勝しました。

リオ五輪代表をほぼ確実にしたのですが、陸連から「確定」を示唆する言葉がなかったことを理由に、最終選考会の名古屋への出場を表明しました。

これに対して、日本陸連の麻場一徳強化委員長が、

「出ることは避けていただきたい。本番に向けメダルを目指す盤石の態勢を整えてほしい」

と異例の要望を出すなど、世論も加わって大騒動に発展していました。

これを受けて、日本陸連の尾県貢専務理事は、

「大阪国際女子マラソンでの身体的なダメージを考えると、今回の判断は的確だと思います。まずは疲労を抜き、万全の状態で次の目標に向けて再始動してもらえればと思います」

と、歓迎のコメントを出した。

 

駆け引きは福士に軍配か?

ここまで言うのでしたら、内定確実を提示するべきだったのではと、様々に思惑が飛び交いました。

陸連の内定基準には、タイム以外にも不明瞭な点が取り沙汰されているだけに、福士としても、あとでどんでん返しされるのではといった思いが頭をよぎったのではないでしょうか。

スポーツですから、もっと、正々堂々とお願いしたいですね。

 

不明瞭な内定基準

女子マラソンの代表決定はいつもゴタゴタします。

バルセロナ五輪

1992年のバルセロナオリンピック代表選考の際には、明確な選考基準が発表されていなかったようです。

結果、バルセロナ五輪の最後の1人を、記録で勝る松野明美ではなく、前年の1991年の世界陸上東京大会で入賞した有森裕子さん有森裕子が選ばれました。

有森は銀メダルを獲って、陸連はその『成功体験』に縛られているのか、代表選考は密室でわかりにくい人選が行われています。

 

アテネオリンピック

2000年のシドニーオリンピック女子マラソンの金メダリストの高橋尚子さんは、オリンピック翌年に高橋尚子さんは、女子マラソンの世界記録を更新しました。

ところが、アテネオリンピックの代表選考には落選しました。

アテネの基準は、

  • 項目1:世界陸上パリ大会でメダル獲得した競技者の中で、男女マラソンそれぞれの日本人最上位1名を代表選手とする
  • 項目2:各選考競技会の日本人上位競技者の中から本大会でメダル獲得、または、入賞が期待される競技者を選考する

この時は、

  • 項目1の選考基準:野口みずき選手
  • 項目2の選考基準で、大阪国際女子マラソン優勝の坂本直子選手と名古屋国際女子マラソン優勝の土佐礼子選手がアテネオリンピック女子マラソン代表

結果、高橋尚子さんが落選します。

もっとわかりやすい選考基準を設けるべきではないでしょうか。

OTARD-KEN

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
『いいね』いただけるとありがたいです。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*