国際

ベトナム戦争時!韓国軍兵士の蛮行!ベトナム女性訴え!

韓国軍

ベトナム戦争に参加した韓国軍兵士に非人道的暴行を受けたなどと訴えているベトナム人女性やその家族らが、訪米中の朴槿恵・韓国大統領らに対し、韓国政府による謝罪と賠償などを求める請願書を提出したと発表しました。

「私たちのことが忘れられてしまう。正式な謝罪もなく数十年が経った」などと訴えています。

目 次
・韓国の蛮行
・韓国歴史学者による調査
・韓国軍憎悪碑
・ライダイハン
・アメラジアン
・韓国の謝罪

続きを読む

YouTube動画配信!5億4千万円稼いだ!米23歳男性!

豪邸

アメリカの23歳のジョーダン・マロンさんは、ゲームで遊んでいる内容を実況プレイして、ユーチューブ(YouTube)に動画配信しました。

投稿動画は人気を博しロサンゼルスのサンセット・ストリップに450万ドルの豪邸を手にいれました。

目 次
・パソコン動画配信で大儲け
・YouTube
・マインクラフト
・5億円の豪邸

続きを読む

イラク軍空爆!IS指導者バグダディ容疑者車列などを空爆!

ISIS

イラク軍は、過激派組織IS=イスラミックステートの指導者、バグダディ容疑者の車列などを空爆する軍事作戦を実施し、作戦の成果を調査して速やかに公表するとして、バグダディ容疑者の生死の確認を急いでいます。

目 次
・バグダディ容疑者の車列空爆
・情報の信憑性は?
(更新)バグダディ容疑者は、実際に負傷し、病院にいる(スプートニク)
・IS脅威を排除、狙うアメリカ
・ISをつくったのは?
・アメリカのひとり芝居?

続きを読む

ユネスコ!世界記憶遺産!南京事件!シベリア抑留!東寺百合文書

東寺

今年、新しく登録される「ユネスコ記憶遺産」が発表されました。

ユネスコ「記憶遺産」は、世界各地に伝わる重要な古文書や貴重な映像などを人類の財産として保護しようとユネスコが登録するものです。

今月4日から登録を決めるユネスコの国際諮問委員会がアラブ首長国連邦のアブダビで開かれれいました。

日本からは「シベリア抑留」に関する資料と、「京都・東寺」の古文書が登録されました。

また、中国からは「南京虐殺」に関する資料が登録されました。

目 次
・シベリア抑留に関する資料
・東寺百合文書
・南京事件
・「断固たる措置取る」日本政府
・中国の拠出金
・日本の反発
・政治利用されるユネスコ
・イリナ・ボコヴァ

続きを読む

チェ・ゲバラ!10月9日命日!未だ衰えない人気の秘密!

チェゲバラ

10月9日は、キューバの活動家「チェ・ゲバラ」が、バリビアでCIAに捕らえられて処刑された日です。

キューバ革命のリーダとなるフィデル・カストロに呼応して革命を成就させ、社会福祉事業の無料化を実現します。

医師であり生涯の喘息に悩まされながら、徹底した正義観と自己犠牲で「しいたげられた人」のために働いた革命家の人物像を再確認したいと思います。

目 次
・ゲバラの出生
・注射では貧困は救えない
・運命との出会い
・キューバ革命とゲバラ
・民衆より得た、絶大な支持
・戦果優勢
・最後の戦い
・革命政府の誕生
・新生キューバの建設
・アメリカの抵抗
・国民の人気上昇の裏で
・世界の貧困・搾取と闘う
・ゲバラの手紙
・ゲバラの日記
・CIAの追跡
・ゲバラの墓
・私利私欲に走らなかったカストロ

続きを読む

国境なき医師団!米空軍機による誤爆!シリアで職員が死傷!

燃えるMSF病院

シリアでの戦線が混迷を深めています。

昨日のロシアによる反シリア勢力へ向けた空爆をオバマ大統領が非難した矢先、アメリカの空軍機が、国境なき医師団「MSF」のはいる病院を攻撃しました。

多くのスタッフが行方不明のままで、犠牲者は19名で、今も多くのスタッフが行方不明とのことです。

目 次
 ・国境なき医師団「MSF」へ誤爆
・戦線の状況
・病院を狙って爆撃
・国境なき医師団とは

続きを読む

独VW不正!発覚の背景!国際クリーン交通委員会とは?

VW

独VW(フォルクスワーゲン)の不正問題が世界的に波紋を広げています。

深まる業界への不信感は、国内の自動車メーカーにも及んでいます。

事件発覚の裏側を追ってみました。

目 次
・国際クリーン交通委員会
・調査方法
・不正に耐久性と燃費を高める
・世界でのシェア争いが裏目に
・過当な競争がすべての原因

続きを読む

Google自動運転車追突され負傷者!6年間で事故14件!

google2

Google が開発を進める自動走行車のテストカーが後続車に追突され、乗っていた社員3名が負傷する事故が発生しました。

社員は軽いむち打ちの症状を訴え病院に運ばれましたが、その日のうちに帰宅しています。

Google は、自動車事故の94%がヒューマンエラーによるものとしており、自動運転こそ安全で信頼のおける方法と説いています。

自動運転の実力を検証してみましょう。

目 次
・自動運転で負傷者
・自動運転の実力
・追突事故の瞬間
・事故の割合について
・自動運転の未来

続きを読む