健康

足臭!加齢臭!ワキガ!100円で出来る臭い対策はこれ!

臭い

子供たちの足の臭いに悩まされている貴兄も多いのではないでしょうか?

子供は新陳代謝が高く発汗率も高いのです。

足の温度も上がりやすく、靴の中はムレムレと雑菌繁殖しやすい温度で臭い菌にとってはパラダイスです。

そんな雑菌を100円で抑える簡単格安レシピを紹介します。

目 次
ミョウバンが雑菌繁殖を抑制
ミョウバン水の作り方
ミョウバン水の得用10選
・体の臭い対策
・服の臭い対策
・靴の臭い対策
・カビ対策
・ニキビ対策
・水虫対策
・洗濯槽のカビ対策
・ペットのトイレ臭対策
・ごみ箱臭い対策
・発汗(抑制)対策

続きを読む

【風呂カビ対策】カビを根こそぎ!バチルス菌がスゴイ!

バイオパック

蒸し暑いシーズンに頭を悩ませるのが風呂のカビです。

つなぎ目やゴムに生えてしまうと専用洗剤でもなかなかとれないやっかいものです。

風呂カビや室内カビを根こそぎ退治するのが【バチルス菌】です。

手間いらずのバイオ商品で数百円から千円台で手に入ります。

目 次
・実際に使ってみた
・使い方は簡単
・気になるところ
・バチルス菌
・価格も手頃
・こんな使い方も
・注意点

続きを読む

【大動脈解離】梅田事故の運転手の死因!年間9000人発症

救急車

大阪梅田のスクランブル交差点に意識を失ったドライバーが乗った乗用車が高速で侵入し、10名の人を跳ねてうち1人が亡くなった事故のドライバーの死因は、『大動脈解離』でした。

大動脈解離は、大動脈の内部に亀裂がはいり、亀裂に血液が押し込まれることで血管が割ける病気ですが、心筋梗塞などと同じく、速やかな処置が必要な病気です。

突然死の原因になりうる『大動脈解離』にならないためには、何に気をつければいいのでしょうか。

目 次
・大動脈解離とは
・大動脈解離の症状
・大動脈解離の原因
・血管年齢と高血圧

続きを読む

玄米を毎日食べると老化する?玄米食の意外な落とし穴!

アンチエイジング

万能な食品をひとつあげるとしたら、それは『玄米』でしょう。

炭水化物、タンパク質、脂質に加え、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれ、栄養のダイヤモンドといわれています。

ところが、玄米を長期間食べ続けると老化が進むというリスクが潜んでいることはあまり知られていません。

目 次
・万能食品「玄米」
・「玄米」の欠点
・おすすめの「玄米」食事法
・実践者の声
・気楽に玄米食

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.2

おにぎり

ボケ防止、第2弾です。

これを読まれた方の年齢が何歳であるかに関わらず、全ての人に一歩踏み出していただければの願いを込めて、第2弾を書いていこうと思います。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・「こども食堂」 + α
・こども食堂の新しいカタチ
・今から、勉強しなおそう
・自宅でできるインターネット学習塾

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.1

生涯現役

高齢化が進むわが国では、ボケ防止(認知症予防)が多くの壮年以上の方の課題ではないでしょうか。

介護の現場を見てきた視点から、ボケ防止のために効果のある心掛けを紹介します。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・日野原重明先生に真似ぶ
・壮年を卒業して
・喪失感から一歩踏み出そう
・息子・娘に寄り添うように

続きを読む

脳の活性に効果あり?認知症予防(ボケ防止)に効果がある6つの習慣

脳

認知症と診断されるとその進行を遅らせる高価な薬が処方され、身心はもとより、経済的にも辛い思いを強いられます。

脳の老化防止や認知症予防に効果的な方法は幾つもあるのですが、さてと言われると思い出すものは少ないものです。

どんな習慣が健康寿命を延ばしてくれるのでしょうか。

続きを読む

腎臓再生にラット成功!人工透析患者に朗報!東京慈恵医科大

人工透析

ねずみの体内に新たな腎臓やぼうこうを作りだし実際に尿を体外に排出させることに、東京慈恵会医科大学などの研究グループが成功しました。

人工透析が必要となるような重い腎臓病の新たな治療法の開発につながると期待されます。

目 次
・再生腎臓に成功
・国内の透析患者数
・慢性腎不全に至る病気

続きを読む

乳がん早期発見率!1.5倍に!マンモグラフィー&超音波!

マンモグラフィー

乳がん定期検診のマンモグラフィーについては、米国の専門委員会では「40代には推奨しない」とされており、40代前半の乳がん検診に、マンモグラフィー以外にも有効な検診が望まれていました。

東北大学のグループは、乳がん検診の際、マンモグラフィー検査に超音波の検査を組み合わせると40代の女性の乳がんの発見率を1.5倍に高めることができるとする研究成果を発表しました。

目 次
・日本の乳がん
・7万6千人対象の「J−START」とは?
・期待とハードル

続きを読む