健康

足臭!加齢臭!ワキガ!100円で出来る臭い対策はこれ!

臭い

子供たちの足の臭いに悩まされている貴兄も多いのではないでしょうか?

子供は新陳代謝が高く発汗率も高いのです。

足の温度も上がりやすく、靴の中はムレムレと雑菌繁殖しやすい温度で臭い菌にとってはパラダイスです。

そんな雑菌を100円で抑える簡単格安レシピを紹介します。

目 次
ミョウバンが雑菌繁殖を抑制
ミョウバン水の作り方
ミョウバン水の得用10選
・体の臭い対策
・服の臭い対策
・靴の臭い対策
・カビ対策
・ニキビ対策
・水虫対策
・洗濯槽のカビ対策
・ペットのトイレ臭対策
・ごみ箱臭い対策
・発汗(抑制)対策

続きを読む

【風呂カビ対策】カビを根こそぎ!バチルス菌がスゴイ!

バイオパック

蒸し暑いシーズンに頭を悩ませるのが風呂のカビです。

つなぎ目やゴムに生えてしまうと専用洗剤でもなかなかとれないやっかいものです。

風呂カビや室内カビを根こそぎ退治するのが【バチルス菌】です。

手間いらずのバイオ商品で数百円から千円台で手に入ります。

目 次
・実際に使ってみた
・使い方は簡単
・気になるところ
・バチルス菌
・価格も手頃
・こんな使い方も
・注意点

続きを読む

【大動脈解離】梅田事故の運転手の死因!年間9000人発症

救急車

大阪梅田のスクランブル交差点に意識を失ったドライバーが乗った乗用車が高速で侵入し、10名の人を跳ねてうち1人が亡くなった事故のドライバーの死因は、『大動脈解離』でした。

大動脈解離は、大動脈の内部に亀裂がはいり、亀裂に血液が押し込まれることで血管が割ける病気ですが、心筋梗塞などと同じく、速やかな処置が必要な病気です。

突然死の原因になりうる『大動脈解離』にならないためには、何に気をつければいいのでしょうか。

目 次
・大動脈解離とは
・大動脈解離の症状
・大動脈解離の原因
・血管年齢と高血圧

続きを読む

玄米を毎日食べると老化する?玄米食の意外な落とし穴!

アンチエイジング

万能な食品をひとつあげるとしたら、それは『玄米』でしょう。

炭水化物、タンパク質、脂質に加え、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれ、栄養のダイヤモンドといわれています。

ところが、玄米を長期間食べ続けると老化が進むというリスクが潜んでいることはあまり知られていません。

目 次
・万能食品「玄米」
・「玄米」の欠点
・おすすめの「玄米」食事法
・実践者の声
・気楽に玄米食

続きを読む

中国のガン死亡率!1日7500人!年間280万人の実態!

中国汚染

中国では、慢性感染症、喫煙、大気汚染などが原因で、がん患者数が急増しているとの調査結果が発表されました。

2015年のがんの新規診断例は430万例、死者数は280万人に上ります。

日本のガン死亡率と比較するとどうなのでしょうか。

目 次
・中国の人口当たりのガン罹患率
・ガン罹患種と男女比
・中国ガン増加の原因
・日本の人口当たりのガン罹患率
・日本のガン患者増加要因

続きを読む

CoCo壱番屋!廃棄ビーフカツが横流し!産廃ダイコー!みのりフーズ!

coco壱番屋 ビーフカツカレー

異物混入している可能性がある「CoCo壱番屋」廃棄ビーフカツの横流しが発覚しました。

健康被害の可能性がある食品の横流しは、産廃業者「ダイコー」が主導しました。

しかし、これだけの食べ物が廃棄される日本の食糧事情はこれでよいのでしょうか。

目 次
・廃棄食料横流し
・スーパーでcoco壱職員が発見
・産廃業者
・岐阜県の業者に転売
・食べ物を捨てるということ

続きを読む

厚労省!介護ロボット導入に補助金!補正予算事業費52億円!

HAL

深刻な介護士の不足が懸念されている中、介護ロボットの活躍が期待されています。

介護する側の動きをサポートするロボットが主流ですが、今年度の補正予算に、介護軽減を目的とした介護ロボットの導入に52億円の予算がつきました。

介護の現場でどのように生かされるでしょうか。

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.2

おにぎり

ボケ防止、第2弾です。

これを読まれた方の年齢が何歳であるかに関わらず、全ての人に一歩踏み出していただければの願いを込めて、第2弾を書いていこうと思います。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・「こども食堂」 + α
・こども食堂の新しいカタチ
・今から、勉強しなおそう
・自宅でできるインターネット学習塾

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.1

生涯現役

高齢化が進むわが国では、ボケ防止(認知症予防)が多くの壮年以上の方の課題ではないでしょうか。

介護の現場を見てきた視点から、ボケ防止のために効果のある心掛けを紹介します。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・日野原重明先生に真似ぶ
・壮年を卒業して
・喪失感から一歩踏み出そう
・息子・娘に寄り添うように

続きを読む

デリバリー坊主!Amasonに新商品!坊さんは商品じゃない?

葬式

インターネット通販 Amazon にこのほど登録された商品が物議をかもしています。

その商品とは、なんと「お坊さん」です。

どんなものでも買えると人気のAmazonですが、画期的な商品の人気は、○か×か。

目 次
・お坊さんを手配
・お葬式のお金
・需給はどうなの
・仏教界の反応
・株式会社みんれび

続きを読む