【子ども食堂】全国こども食堂マップ!Google MAP[こども食堂本舗]

こども食堂本舗

全国の「こども食堂」と「フードバンク」をGoogleMAPにマッピングしました。

近くの「こども食堂」を探すとき、地図があるととても便利でわかりやすいですね。

一覧も都道府県別に「こども食堂」を並べているので、分布もわかりやすくまりました。

『忙しいお母さんに代わって』
『家事の手を休めて子供と団らんを』
『子供たちの交流の場』

など、様々な思いから、全国で「こども食堂」が産声を上げています。

 

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.2

おにぎり

ボケ防止、第2弾です。

これを読まれた方の年齢が何歳であるかに関わらず、全ての人に一歩踏み出していただければの願いを込めて、第2弾を書いていこうと思います。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・「こども食堂」 + α
・こども食堂の新しいカタチ
・今から、勉強しなおそう
・自宅でできるインターネット学習塾

続きを読む

認知症予防(ボケ防止)の秘訣!生涯現役・健康長寿大作戦Vol.1

生涯現役

高齢化が進むわが国では、ボケ防止(認知症予防)が多くの壮年以上の方の課題ではないでしょうか。

介護の現場を見てきた視点から、ボケ防止のために効果のある心掛けを紹介します。

なお、ボケ(呆け)というボキャが使用不適といわれて久しいですが、認知症よりも、まだまだ市民権があるようですので、あえて、ボケ(呆け)防止を使わせていただこうと思います。

目 次
・日野原重明先生に真似ぶ
・壮年を卒業して
・喪失感から一歩踏み出そう
・息子・娘に寄り添うように

続きを読む

高級しいたけ!1箱10万円!石川特産「のとてまり」が凄い!

のとてまり

石川県能登地方特産の高級しいたけ「のとてまり」の初競りが金沢市で行われました。

一番の高値は、5個入りの1箱で10万円、1個当たりにして2万円の過去最高値でした。

ステーキですか、しゃぶしゃぶですか、それとも、、、。

目 次
・能登特産 「のとてまり」
・厳しい特産品基準
・食感はアワビのよう
・のとてまりのレシピ

続きを読む

イケダハヤト氏の運営報告を研究してみた!数も内容も肝なんだ!

ブロガー

イエダハヤト氏は、日本で一番有名なブロガー。

イケダ氏のブログ「まだ東京で消耗してるの?」は、高知へ移住してからの毎日の中から、地方での生活のいいところ、困ったところを忌憚なく発信しています。

来年4月には、高知へ移住するつもりのOTARDとしては、拝読が日課となています。

イケダ氏の語る新しい「ハタラキカタ」は、どのぐらい稼げるのかを、氏のブログ運営報告から読みといてたいと思います。

続きを読む

パンダの団子!肉球饅頭!キュートすぎる和菓子5連発!

ぱんだの散歩

洋菓子に押され気味だった和菓子に復活の兆しが見えてきました。

各地でかわいい和菓子が旅先のひと時をマッタリと過ごすアイテムとして人気沸騰中です。

中にはかわいすぎて食べられないという声もチラホラ。

可愛そうだけど、といいつつ、やっぱり食べちゃうんですけどね。

続きを読む

脳の活性に効果あり?認知症予防(ボケ防止)に効果がある6つの習慣

脳

認知症と診断されるとその進行を遅らせる高価な薬が処方され、身心はもとより、経済的にも辛い思いを強いられます。

脳の老化防止や認知症予防に効果的な方法は幾つもあるのですが、さてと言われると思い出すものは少ないものです。

どんな習慣が健康寿命を延ばしてくれるのでしょうか。

続きを読む

腎臓再生にラット成功!人工透析患者に朗報!東京慈恵医科大

人工透析

ねずみの体内に新たな腎臓やぼうこうを作りだし実際に尿を体外に排出させることに、東京慈恵会医科大学などの研究グループが成功しました。

人工透析が必要となるような重い腎臓病の新たな治療法の開発につながると期待されます。

目 次
・再生腎臓に成功
・国内の透析患者数
・慢性腎不全に至る病気

続きを読む

乳がん早期発見率!1.5倍に!マンモグラフィー&超音波!

マンモグラフィー

乳がん定期検診のマンモグラフィーについては、米国の専門委員会では「40代には推奨しない」とされており、40代前半の乳がん検診に、マンモグラフィー以外にも有効な検診が望まれていました。

東北大学のグループは、乳がん検診の際、マンモグラフィー検査に超音波の検査を組み合わせると40代の女性の乳がんの発見率を1.5倍に高めることができるとする研究成果を発表しました。

目 次
・日本の乳がん
・7万6千人対象の「J−START」とは?
・期待とハードル

続きを読む