【動画】大阪梅田事故!新阪急ホテル前歩道車突っ込む!2人亡くなる

大阪梅田事故

25日昼すぎ、大阪市中心部の阪急梅田駅の近くで、乗用車が次々と歩行者をはねて、歩道に乗り上げました。

この事故で11人がけがをし、このうち歩行者の男女2人と乗用車の運転手の合わせて3人が意識不明の重体だということです。

目 次
・3名が重体
・目撃者の声
・車両は大破
・現場は大阪市の中心部

続きを読む

【マイナンバー】同じマイナンバーが2人!重複確認手段なし?

マイナンバー

2人の人物に、同じマイナンバーが発行されていたことが判明しました。

現在、重複ナンバーが存在する方法を確認するシステムは存在しておらず、あなたのマイナンバーと同じ人物が存在するかどうかを知る術はありません。

同一番号が発行された背景を確認して、予防策を検証してみます。

目 次
・マイナンバーが重複
・マイナンバー:なぜ重複したのか
・住基番号の取り違えば起こりうるか
・重複確認の手段ない

続きを読む

日本航空エンジンから煙!165人脱出!千歳→福岡!3ヶ月で4件

日本航空3512便

新千歳発福岡行きの日本航空3512便、ボーイング737型機が、新千歳空港の誘導路を走行中、右エンジンから煙が出ているという情報があり、誘導路で停止しました。

乗員乗客165人は、脱出シュートで全員脱出しました。

航空機の整備に不安が残ります。

目 次
・日本航空3512便・右エンジンから煙
・待機中にエンジンから煙
・日本航空の直近トラブル3件

続きを読む

病院待合でキレる!ゲーム注意され平手打ち・頭突き!マナー違反対応術

スマホゲーム

京都市左京区の病院待合室で、ゲームの音を消してと注意されたことに腹を立てて、注意した男性を平手打ちし、仲裁にはいった女性に頭突きをしたとして、京都市左京区の無職の男が逮捕されました。

病院に限らず公共の場でマナーの守れない人に対して、どのように対処すればよいでしょうか。

その対処法についてググってみました。

目 次
・京都の病院で逮捕劇
・マナー違反全集
・迷惑な人への対応

続きを読む

玄米を毎日食べると老化する?玄米食の意外な落とし穴!

アンチエイジング

万能な食品をひとつあげるとしたら、それは『玄米』でしょう。

炭水化物、タンパク質、脂質に加え、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれ、栄養のダイヤモンドといわれています。

ところが、玄米を長期間食べ続けると老化が進むというリスクが潜んでいることはあまり知られていません。

目 次
・万能食品「玄米」
・「玄米」の欠点
・おすすめの「玄米」食事法
・実践者の声
・気楽に玄米食

続きを読む

アメリカIT企業vs司法当局!アップル指紋認証解除を拒否!

iphone

アップルとアメリカ司法省が激しく対立しています。

アメリカで去年起きたテロ事件の容疑者のスマートフォンを巡り、ロック機能を解除して捜査に協力するよう求めた裁判所の命令を、製造元のアップルが拒否する考えを示したことが端を発しています。

ハッキングを助長する技術流出を強要する政府に、IT業界から反発も出ています。

目 次
・デジタル捜査に頼るツケ
・パスワード間違えるとデータ自動消去
・なぜアップルは協力拒否するのか
・政府のハッキングを許すな

続きを読む

ロシアとトルコが戦争になる!NATO対ロシア!ロシアに軍配か?

EU首脳会議に出席したフランスのオランド大統領は、戦闘が激化したシリア情勢に関して「介入を深めるロシアとトルコの間で戦争になる恐れがある」と指摘し、危機回避のため「米国の積極的な関与を求める」と述べました。

昨年の11月に、トルコ空軍機によってロシアの爆撃機Su-24が撃墜されて以来くすぶっている問題ですが、緊張が増す一方の様相です。

ロシアとトルコの間にどんな歴史があるのか、改めて検証したいと思います。

目 次
・ロシア機がロックオン
・ロシア機撃墜
・トルコとロシアの相互関係
・ロシアの中東包囲網
・ロシア不凍港を求めての南進
・終わらない戦争

続きを読む

【失言】黒人奴隷を大統領にするダイナミックなアメリカ!丸山和也参議院議員!

丸山議員

自民党はどうなってしまったのでしょうか。

「日本はアメリカの51番目の州」「アメリカ大統領は黒人・奴隷」

若手議員の失言や行動に問題があるとバッシングされ、『襟を正す』といった矢先にアメリカ大統領への侮辱ともとれる発言がありました。

目 次
・参議院の憲法審査会の丸山和也議員
・黒人、奴隷が大統領になるなんて
・誤解を与える発言

続きを読む

手紙 ~親愛なる子供たちへ~!杜けあきの愛あればこそ・言葉あればこそ!

NHKラジオの『午後のまりやーじゅ』の「杜けあきの愛あればこそ・言葉あればこそ!」で、全国から、再読の要望が殺到した歌詞に胸を打たれました。

介護される側の親の立場から、子供たちに知ってほしい老いの気持ちです。

介護に行き詰った時、一読すると、心があらわれます。

続きを読む