教室

難病指定されている白血病の治療を受けている生徒の保健室行きを許可しなかったとして、神奈川県の中学校教諭の対応が問題視されています。

昨年4月の学級編成が変わった直後のできごとで、教科担当教師の個別対応は難しい時期でした。

しかし、特に注意すべき事項についての学校側の周知方法については、十分でなかったのではと批判の声が大勢です。

目 次
・白血病生徒に保健室行きを「我慢できないか?」
・新年度の始まりで混乱
・担当教諭の生徒情報把握
・具体的な対応とは
・求められる対応の詳細
・先ずは生徒が発言しやすい対応を

続きを読む