健康

脳の活性に効果あり?認知症予防(ボケ防止)に効果がある6つの習慣

脳

認知症と診断されるとその進行を遅らせる高価な薬が処方され、身心はもとより、経済的にも辛い思いを強いられます。

脳の老化防止や認知症予防に効果的な方法は幾つもあるのですが、さてと言われると思い出すものは少ないものです。

どんな習慣が健康寿命を延ばしてくれるのでしょうか。

続きを読む

乳がん早期発見率!1.5倍に!マンモグラフィー&超音波!

マンモグラフィー

乳がん定期検診のマンモグラフィーについては、米国の専門委員会では「40代には推奨しない」とされており、40代前半の乳がん検診に、マンモグラフィー以外にも有効な検診が望まれていました。

東北大学のグループは、乳がん検診の際、マンモグラフィー検査に超音波の検査を組み合わせると40代の女性の乳がんの発見率を1.5倍に高めることができるとする研究成果を発表しました。

目 次
・日本の乳がん
・7万6千人対象の「J−START」とは?
・期待とハードル

続きを読む

がんのリスク18%増!ハム・ソーセージ・肉の加工食品!

加工肉

WHO=世界保健機関の専門機関が肉の加工食品などに発がん性があると指摘したことについて、
国の食品安全委員会は、

「この結果だけでリスクが高いと捉えるのは適切ではない。」

とする見解を発表しました。

目 次
・加工食肉発がん指摘!適切でない!内閣府-食品安全委員会!(10.28)
・肉食系長寿のススメ
・レベル1・2の真意
・がんのリスク18%増!ハム・ソーセージ・肉の加工食品!(10.27)
・肉食でがんリスクが18%増
・支持する声・反論する声
・数理的説明に乏しい?
・レベルの問題よりも、相対的リスクを勘案
・肉とがんの関係
・肉を生産するための農業や水

続きを読む

カラーリング剤皮膚炎!全国1000件!頭皮・顔面腫れる!

カラーリング

白髪を染めたり髪の色を変えたりするカラーリング剤によって、頭皮や顔面にアレルギー性の皮膚炎を発症する人が相次いでいます。

消費者庁の安全調査委員会は、メーカーに対して、商品パッケージの正面に皮膚炎の危険性を表示することなどを求める提言をまとめました。

目 次
・皮膚炎発症1008件
・使用者は危険性を要認識
・重い症状
・使用上の注意点
・花粉症と同じメカニズム
・対策に入念な美容室では
・業界の取り組み

続きを読む

キュウリで食中毒!サルモネラ菌が猛威!症状と予防方法!

米全土でキュウリを原因とするサルモネラ菌の食中毒が広がっています。

米疾病対策センター(CDC)によりますと、22日までに確認された患者はわずか1週間で140人増えて558人に増えました。

死亡者はアリゾナ、カリフォルニア、テキサスの各州に1人ずつで、入院治療を必要とした患者は112人に上ります。

尚、患者の半数以上は18歳未満の子供達でした。

原因とされているサルモネラ菌による症状と予防方法について調べてみました。

目 次
・サルモネラ菌の症状
・サルモネラ菌に注意したい食材
・予防方法
・死亡例も報告

続きを読む